名医が受けたい「乳がん治療」、5つのポイントとは?

By




スポンサードリンク


名医が受けたい「乳がん治療」、5つのポイントとは?

名医が受けたい「乳がん治療」とは!?

「乳がん」というと、ブログの数でも分かるように、多くの方々が苦しんでいる癌のうちのひとつです。部位的な問題や、検診・検査のタイミング、乳がんの症状や遺伝、原因・しこりの問題などでさまざまな情報が錯綜していて、どのように予防や治療をすべきか思い悩まれる方が多いのではないでしょうか?

今回、乳がん治療に関して「名医」が乳がんになったらどんな治療を選択するのか?をテーマに、『名医が受けたいがん治療(4) 乳がん篇 | がんと共に生きる。 | 文春オンライン』という記事が公開されました。これは、乳がん治療を選ぶときのひとつの指針になるのではないでしょうか。

  • ■理想の治療のための5つのポイント
  • (1)40歳以上の女性は2年に1度、マンモグラフィ検診を。ただし、限界があることも理解が必要。
  • (2)がんをくり抜いた跡が変形することもあるので、乳房温存にはこだわりすぎない。
  • (3)乳房を残すか再建するかは、夫や子の意見より、本人の意志を尊重すべし。
  • (4)再発予防に薬物治療が重要。標準治療がしっかりできる乳腺の専門医のもとで治療を。
  • (5)5年を過ぎても再発の可能性があるので、長く支えてくれるチーム医療のよい病院を。
(3ページ目)名医が受けたいがん治療(4) 乳がん篇 | がんと共に生きる。 | 文春オンライン

乳がん公表の元SKE矢方美紀さん、ラジオで仕事復帰:朝日新聞デジタル

乳がん手術を受けたことを公表した元SKE48のメンバーでタレントの矢方美紀さん(25)が、本格的に仕事に復帰した。16日夜、ZIP―FM(名古屋市)のラジオ番組の収録前に朝日新聞の取材に応じ、「(持ち前の)明るさでいろんな人を元気づけられるようになりたい。病気をしたからではなく、ひとりの『矢方美紀』という存在を発信していきたい」と語った。



スポンサードリンク


きょうのセカンドオピニオン:乳がんリスク 検査の頻度は=答える人・上野貴之部長(がん研有明病院・乳腺外科) - 毎日新聞

Q 乳がんリスク 検査の頻度は

 左乳房に嚢胞(のうほう)の集簇(しゅうぞく)があり、がんのリスクがあるそうです。母も乳がんで、3カ月後にマンモグラフィーと超音波検査を勧められました。そんなに頻繁に必要ですか。(新潟市、46歳、女性)

A 家族歴など総合判断

 検査をどの程度頻繁に受けるかは、乳がんのリスクと検査による害を比較して決めます。

南阿蘇:わが子の成長目に焼き付け 仮設住宅で乳がん闘病 - 毎日新聞

熊本県南阿蘇村の仮設住宅に暮らす主婦の梶原瑠美子さん(33)は、熊本地震発生から半年後にステージ4の乳がんが発覚した。以来家族に支えられながら闘病を続け、愛息たちの成長を見守りながら精いっぱい生きている。10日は長男蒼佑(そうすけ)さん(6)の入学式に出席をかなえ、わが子の成長を目に焼き付けた。

関連記事


Share

スポンサードリンク