必ず『がんにつながる遺伝子変異』が発見される

By




スポンサードリンク


必ずがんにつながる遺伝子変異の研究に成功

必ずがんにつながる遺伝子変異の研究に成功 - Sputnik 日本

ニール・ケリーヒャー化学教授率いる研究チームは、がんを確実に引き起こすRAS遺伝子変異を発見できる技術を開発した。サイト「MedicalXpress」が報じた。

日本で世界初の尿を用いたがん検査が始まる - Sputnik 日本

尿を用いたがん検査の実用化に向けた世界初の実証試験が日本で始まった。日立製作所研究開発グループの代表者が通信社スプートニクに伝えた。



スポンサードリンク


抗がん剤の副作用軽減、かつおだしが有効性 新潟大  :日本経済新聞

新潟大学の研究チームは、かつおだしが抗がん剤の副作用軽減に有効なことを突き止めた。主成分が血管拡張を促し、副作用で起きる手足の痛みや潰瘍などを防げる可能性が高いと分かった。今後は必要な摂取量などを詳細に分析し、新たな治療法確立に役立てる。

子宮体がん手術翌年に世界一 矢澤亜希子さん語る壮絶治療|日刊ゲンダイヘルスケア

2012年の年末、「子宮体がんステージⅢc。手術をしなければ余命1年」と宣告されました。手術で子宮、卵巣、卵管、リンパ節をすべて切除しなければならないと言われたのです。結婚して4年目。結婚したら子供がいる人生が当たり前だと思っていた自分にとって、人生プランが根底から崩れた瞬間でした。

全身がんの樹木希林「生きてる限り」舞台あいさつ - 日刊スポーツ芸能速報 - 朝日新聞デジタル&M

樹木希林(75)が22日、都内で、山崎努(81)と夫婦を演じる映画「モリのいる場所」(沖田修一監督、5月19日公開)の完成披露舞台あいさつに出席した。

 その後の囲み取材では体調について聞かれ「悪いですよ」と答えたが、「だからこういうところに連れてこないで、と言っています」と笑顔も見せた。

 樹木は13年に全身ががんであることを公表したが、その後も多数の作品に出演し、表舞台に立ち続けている。この日は取材陣の問いに「(体調は)悪いですよ」としたが、「でも(舞台あいさつに来るという)約束は約束ですから。生きてる限り来るかな」と淡々と答えた。

関連記事


Share

スポンサードリンク