胃全摘後の悩み、食後の下痢は高血糖が原因かも!?

By




スポンサードリンク


胃全摘後の悩み、食後の下痢は高血糖が原因かも!?

食後のひどい下痢は胃全摘後の血糖値スパイク(高血糖)が原因かも!?

胃がんの手術で胃を全摘すると、食後に予期せぬ下痢がひっきりなしに続くことがありますね(汗)

胃液で食べものを消化できなくなったので、消化不良が頻繁に起こるのは仕方ないことではありますが…。

しかし、消化の良い食事(お粥など)を摂ったはずなのに突然ひどい下痢が始まったりして、原因がわからずに悩んでしまうこともしばしば。

こんな時には、消化不良のこと以外の原因も考えてみた方が良いかもしれません。

なぜなら、食後に血糖値スパイクが起こると、血糖値の上昇が下痢を招くことがあるからです。



スポンサードリンク


高血糖が下痢を引き起こす理由

血糖値スパイクによって血糖値が急激に上昇すると高血糖になり、神経の働きに影響を及ぼします。

すると、腸の機能が乱れるために、ひどい下痢や便秘を繰り返すのです。

血糖値スパイクについては『【血糖値スパイク】注意!食後の高血糖・低血糖、HbA1c値まとめ』という記事で説明していますので、ご参考になさって下さい。

もし、あまりにもひどい下痢が続くようでしたら、栄養の摂り方に問題があるかも。血糖値を測ってみたり、医師に相談してHbA1c値の血液検査をしてみた方が良いかもしれません。

胃がんの術後に見過ごされがちな血糖値の異常。放置するのは危険です。

ボクはこれでいつも自分の血糖値を調べてますが、ちょっと値段が高いです(汗)

安い血糖測定器も発売されています。上の測定器が一番お手頃のようですが、アマゾンの方が少し安いようです。

関連記事


Share

スポンサードリンク