【乳がん】どんな不安や困りごとがある? - 経験者の本音

By




スポンサードリンク


無題

乳がん経験者の本音、どんな不安や困りごとがある?:日経ウーマンオンライン【働く女性の○○が気になる!】

女性にとって身近な病気である「乳がん」。克服してこれまで通りの日常生活に戻った後、不安や困りごとは多そうです。そこで、経験者は、どんなことで不安になったり困ったりしているのかを、全国の乳がん経験者325人に調査。「生活」「経済」「仕事」についての本音が明らかになりました。

(がん社会を診る)夏なら10分の日光浴を 中川恵一 :日本経済新聞

5月に入ると紫外線がぐっと増えますが、日光はがんの予防に一役買っていることをご存じでしょうか?

 ビタミンDは骨を健康に保つ重要なビタミンで、不足すると、骨から溶け出すカルシウムが増えて、骨粗しょう症の原因のひとつになります。

名医たちが実名で明かす「私が患者なら受けたくない手術」(週刊現代) | 現代ビジネス | 講談社(1/3)

「私は外科医なので、様々な手術をしてきましたが、今は基本的に人の身体を傷つける手術は、できるだけ避けるべきだと考えています」

こう語るのは、帯津三敬病院名誉院長の帯津良一氏(81歳)。そんな帯津氏が「自分が患者なら受けたくない手術」として挙げたのが食道がんの手術だ。

「私が40代後半の頃、食道がんの手術をした患者さんに『先生だったら、この手術を受けましたか?』と聞かれたことがあります。当時の私は手術こそが最も有効な手段だと思っていたので、自信満々に『もちろん受けますよ』と答えました。

しかし、今はそうは思いません。あまりにも身体への負担が大きすぎるため、その後の患者さんの人生、QOL(生活の質)を大きく損なってしまうからです。特に首から上の手術をすると人相までも変わってしまう」



スポンサードリンク


カープに移籍するまで「僕はポジティブではなかった」――赤松真人、胃がんを語る #2 | がんと共に生きる。 | 文春オンライン

「僕よりも重い病気やケガで苦しむ人たちに元気を配りたい」と語るプロ野球・広島カープの赤松真人選手(35)。2016年末に胃がんだとわかり、今年3月に実戦復帰を果たすまで、赤松選手を奮い立たせ勇気づけてくれたのは、ファンや家族、チームの仲間からの心のこもった応援でした

元SKE48矢方美紀の乳がん公表を、がん患者が好意的に受け止めたワケ – アサジョ

「芸能人ががんになると『自分は平気だ』と過剰にアピールしたり、『他の女性の参考に』と力んだ姿勢を見せることも多いのですが、当のがん患者にしてみれば『普段と変わらない姿』を見せてくれることが何より励みになります。その点で矢方さんが普段着姿で出演し、力みのない自然体だったことに元気づけられた患者さんも多かったのではないでしょうか。35歳未満で罹患する“若年性乳がん”は乳がん患者全体の2.7%で、矢方さんも口にしていたように『なんで私なんだろう』という思いを抱きがち。その辛い気持ちを彼女が代弁してくれたことで、同じ若年性乳がんの患者さんも『私だけじゃないんだ』と思えたかもしれません」

関連記事


Share

スポンサードリンク