【ブログ】高山善廣プロレスラーが現状報告「頸髄損傷」から1年

By




スポンサードリンク


高山善廣オフィシャルブログ Powered by Ameba
出典:高山善廣オフィシャルブログ Powered by Ameba

プロレスラー高山善廣、「頸髄完全損傷」の大けがから1年、ブログで経過報告

プロレスラー高山善廣さんが3日、自身のブログを更新しました。「頸髄完全損傷」の大けがを負ってから一年が経過した現在の状況について報告しました。

首のケガ | 高山善廣オフィシャルブログ Powered by Ameba


「首のケガ 死にかけてから はや一年 五月四日は 頸損記念日(字あまり) 高山善廣」と記しされたブログでは、ベッドに横たわる自身の画像を添付。

前記事では家族からのメッセージも添えられており「一年たって、自力で呼吸さえできなかった人が、よくここまで回復したな、と思います」とつづりました。



スポンサードリンク


高山さんは昨年の5月4日、DDT大阪・豊中大会の試合で回転エビ固めを掛けた際に頭から落ちて動けなくなり、大阪市内の病院へ搬送されました。

高山さんの負った頸髄完全損傷は、回復の見込みがないことが発表されています。

現在の病状については「おかげさまで本当に良くなったのですが…では手足が動くようになったのかというと、まだまだ難しいのです。本人は不屈の精神で、日々のリハビリを頑張っているのですが」と報告されました。

また、周囲のサポートに対し高山さんは「この一年間、数え切れないほど多くの方々に助けていただきました。プロレス関係の方々だけでなく、会場やお振り込みで募金して下さった方々、励まして下さった方々に、高山共々、感謝してもしきれないほどです。本当にありがとうございます」と、感謝のメッセージを伝えました。

▼GREAT MUTA vs TAKAYAMA YOSHIHIRO 2009.3.14 TRIPLECROWN HEAVYWEIGHT CHAMPIONSHIP - YouTube

関連記事