(がんニュース 2018/5/7 23:30)がん闘病中 大島康徳氏 余命1年と宣告

By




スポンサードリンク


【大島康徳/中日ドラゴンズ】BBM2008 ヒスコレ「BACK TO THE 70's」レギュラー|Yahoo!ショッピング
出典:【大島康徳/中日ドラゴンズ】BBM2008 ヒスコレ「BACK TO THE 70's」レギュラー



大腸がん闘病中の大島康徳氏、余命1年と宣告されていた「公表タイミング熟慮」― スポニチ Sponichi Annex 野球


プロ野球の元日本ハム監督で、昨年2月にステージ4の大腸がんを患っていることを発表した野球解説者の大島康徳氏(67)が7日、自身のブログを更新。余命1年の宣告を受けていたことを明かした。

 大島氏は「お知らせしていなかった余命について」とのタイトルでブログを更新し、「手術前に私が先生から伺った余命は(このまま手術も治療もしなければでありますが)一年でありました」と報告。

患者数21万人 「前立腺がん」切らずに治す!:ゆうがたサテライト:テレビ東京

医療特集、きょうは「前立腺がん」です。 死亡率が低いんですが、患者数は21万人と、ここ数年、急増しています。

がんに関する「偽情報」の広まり、英研究者が懸念 | Forbes JAPAN(フォーブス ジャパン)

一般的にがんを引き起こす原因と考えられているものは、数多くある。だが、それらの中には洗剤類や電子レンジ、ストレスなど、発がん性があると科学的に証明されたわけではないものも多い。

英国で1330人を対象に実施、先ごろEuropean Journal of Cancerに発表された研究結果によると、調査対象者の3分の1以上が「食品添加物と遺伝子組み換え食品はがんの原因になる」と誤解していた。これらについては過去数十年間の研究で、がんを引き起こすことはないとの結果が示されている。

研究チームは調査対象者らに対し、がんの原因になると見られているものについて「実際に発がん性があると科学的に証明されているのか」どうか質問。また、対象者の生活習慣や健康状態についても尋ねた。

その結果、携帯電話とWi-Fiを含むさまざまな電子機器が発する電磁波の発がん性については、それぞれ35%、23%の人たちが、がんの原因だと認識していた。これらについては現在のところ、発がん性があることを裏付けるだけの十分な科学的証拠は得られていない。



スポンサードリンク


治る!最前線 第77回 乳がん最新治療:ワールドビジネスサテライト:テレビ東京

11人に1人の女性がかかると言われている乳がん。食生活の欧米化や高齢出産の増加で、患者はこの20年で倍増し、患者数は21万人に上る。手術の際には、がんの広がり具合を見極めることが重要だ。昭和大学病院は東京大学と共同で「蛍光プローブ」という薬品の臨床研究を進めている。これまで顕微鏡で確認していた1ミリ以下のがんを発見できるという。数年以内の実用化を目指している。

マンモグラフィ検査 | 乳がんと早期発見 | 乳がんを学ぶ | がんを学ぶ

マンモグラフィとは、乳房専用のX線撮影装置、つまりレントゲン検査を行う装置です。乳がんの早期発見に欠かすことのできない、最も有効な画像診断の1つです。

マンモグラフィ検査により、乳がんの初期症状である微細な石灰化※や、セルフチェックや触診ではわかりにくい小さなしこりを画像として捉えることができます。

関連記事