子宮頸がん前に有効 中立組織の見解(がんニュース 2018/5/10 8:00)

By




スポンサードリンク


子宮がん検査



HPVワクチン:「子宮頸がん前に有効」中立組織が見解 - 毎日新聞

健康被害の訴えが相次いで積極的な接種の呼び掛けが中止されているHPV(ヒトパピローマウイルス)ワクチンについて、非営利組織コクラン(本部・英国)は9日、さまざまな臨床試験の評価結果として「子宮頸(けい)がんの前段階の予防効果には高い確実性がある」との見解を公表した。コクランは先行研究を中立的な立場で統合・評価して科学的根拠に基づく医療の普及を目指す国際的な学術ボランティア集団。

KENSA.BIZの郵送検査キット - 医療法人社団理仁会

「死と向き合ったからこそ」がん闘病の女性、今を生きるための「生前整理」広める(1/2ページ) - 産経WEST

孤独死が社会問題となり遺品整理のニーズが高まる中で、生きているうちに物心両面を整える「生前整理」という考え方に注目が集まっている。大阪を中心に講師として活躍する女性は、がんと闘いながら各地をめぐっているという。「死と向き合ったからこそ、伝えられることがある」。後悔なく今を生きるために、生前整理の大切さを説いている。

「日焼け遺伝子」特定、皮膚がんリスクとも関連か 研究(AFP=時事) - Yahoo!ニュース

日焼けで肌が赤くなりやすい傾向は、一部遺伝子の影響によるものだとする研究論文が8日、発表された。論文は、肌の赤くなりやすさは皮膚がんの発症につながる恐れもあるとしている。

 研究チームは、英国、オーストラリア、オランダ、米国などの欧州系の人約18万人の遺伝的特徴を詳細に調べた結果、20個の「日焼け遺伝子」を発見した。

 英科学誌ネイチャー・コミュニケーションズ(Nature Communications)に掲載された研究論文によると、このうちの8個は皮膚がんとの関連性が過去の研究で判明していたという。



スポンサードリンク


3割が人工肛門になる大腸がんに光明! その新しい手術とは? (1/3) 〈週刊朝日〉|AERA dot. (アエラドット)

ガイドラインに記載されている標準治療では、がんの再発を防ぐために、直腸とともに肛門を切除し、左下腹部に永久人工肛門を作ることになっている。直腸がんと診断された患者の約30%は永久人工肛門になる。

 しかし近年では、先進的な取り組みとして、がんが肛門から2センチ以上離れている場合には肛門を温存する手術がおこなわれるようになった。ISR(括約筋間直腸切除術)という手術だ。

生きる:小児がん征圧キャンペーン 生きる2018 谷村新司プレミアムコンサート 魔法と情熱、奇跡起こす - 毎日新聞

~小児がんなど病気と闘う子どもたちとともに~
 病気と闘う子供たちと、その家族や関係者を励まし寄り添う「生きる」コンサート。昨年、計12回の進行を務めた森山良子さんを招いて“バトン”を受け取った新たな進行役の谷村新司さんは、今年、歌手活動だけでなくミュージカルの舞台でも活躍する実力ナンバーワンの平原綾香さんをゲストに招く。谷村さんは第3回森山版「生きる」に出演しているが、実は平原さんは14年前の第1回「生きる」にゲスト出演した“先輩”。本格的に初回となる谷村版「生きる」にふさわしい若手なのである。

 今年も6月25日、東京・渋谷のオーチャードホールを舞台に、この新旧のスターが人の心を芯から温めてくれる歌を届けてくれるはずである。2人に意気込みや思いを語ってもらった。

関連記事