NHK「Rの法則」打ち切り 元TOKIO山口かジャニーズへの賠償請求を検討

By




スポンサードリンク


宮城版 ★ TVガイド 2007年6/30-7/6 表紙 山口達也
出典:宮城版 ★ TVガイド 2007年6/30-7/6 表紙 山口達也

NHK「Rの法則」打ち切り 元TOKIO 山口かジャニーズ事務所への損害賠償請求を検討中と発表

10日の定例会長会見でNHKは、元TOKIO 山口達也氏が番組MCを務めていたEテレ「Rの法則」についてのコメントを発表しました。

山口氏の不祥事により同番組の打ち切りとなったことで今後、損害賠償を請求する可能性について編成局計画管理部長は「NHKの番組は受信料で成り立っていますので、そういったことも含めて対応を検討しているところです」と語りました。



スポンサードリンク


これは、一般視聴者から広く徴収した「受信料」で番組を制作している以上はその損失を補填する必要があるというものです。

ただし、損害賠償請求を山口氏"個人"に対して行うのか、また所属していた"ジャニーズ事務所"に対して行うのかついては"請求する金額を含めて精査が必要"とし、次のように述べています。

「現在進行形の番組づくりをしていたところで、収録が終わって放送を待っていたという段階のものではなく動いている段階の番組の損害をどう計算し、どこに向けて請求するのかは、まだまだこれから検討していかないといけないと考えています」

なお過去には、俳優・小出恵介氏が昨年6月に発覚した不祥事で予定されていたドラマ「神様からひと言~なにわお客様相談室物語」が放送中止となったことがありました。

これについては、NHKと所属事務所側で損害賠償について話し合いを行ない、合意に至ったという例があります。


≫もっと『TOKIOの記事』を読む

関連記事