乳がんや老化予防にも!豆乳の健康効果(癌ニュース 2018/5/13 11:00)

By




スポンサードリンク


豆乳



生活習慣病や老化予防にも! イソフラボンだけじゃない豆乳の健康効果 - レタスクラブニュース

豆乳に含まれているイソフラボンという成分には、女性ホルモンが多すぎれば減少させ、不足していれば補う、という働きがあります。そのため、女性ホルモンの過剰分泌が一因と考えられている「乳がん」の予防効果があるとされています。

一方で、女性ホルモンが不足すると、カルシウムの吸収が悪くなり骨粗鬆症になりやすい、などとも言われていますが、その予防にも役立つことが期待されています。

「ピロリ菌=悪玉菌」は証明されたか?いま本当に分かっていること(美馬 達哉) | 現代ビジネス | 講談社(1/4)

実際のところどうなのか調べてみた――と書き進めてもいいのだが、ここでは直接にピロリ菌とがんとの関係は深くつっこまない。

なぜなら、ネット上を巡回するピロリ・ポリスが除菌に対して批判的な医学的書き込みを取り締まっており、ネットの文章の枝葉末節までチェックして訂正と謝罪を求めるという噂があるからだ。

というのはもちろん冗談で、私が最近ピロリ菌に興味を持ったきっかけが、胃がんとの関係ではなく、マイクロバイオームの専門家と意見交換したことだからだ。

胃がん予防だけにあらず ピロリ菌除菌を高齢者に勧める理由|日刊ゲンダイヘルスケア

老親に勧めたい治療のひとつがピロリ菌の除菌治療。よく知られている「胃がん予防のため」だけではない。

 ピロリ菌に感染していると、30人に1人が胃がんを発症する。日本ヘリコバクター学会は「検査でピロリ菌感染が分かれば、胃がん予防のために除菌治療を受けるべき」との見解を示している。



スポンサードリンク


健康管理に必要な生活習慣コラム【4】 大腸内視鏡検査でがん予防 取材協力/柳川クリニック 柳川健院長 医療法人社団健生会 柳川クリニック | 鎌倉 | タウンニュース

胃がんや肺がんなど多くのがんは、最初からがんですので、検査をする事でがんの早期発見は出来ますが予防する事は出来ません。大腸がんは例外的に予防しやすいがんなのです。

 しかしながら、大腸がんは日本のがん死亡統計で女性1位、男性3位であり、毎年5万人以上の人が大腸がんで亡くなっています。定期的(一般的には2、3年おき)に大腸内視鏡検査を受けて適切な処置を行うことにより大腸がんはほとんど予防出来ます。

発行部数10万部突破!『抗がん剤の世界的権威が直伝! 最強の野菜スープ』|株式会社マキノ出版のプレスリリース

本書は、抗がん剤の研究でノーベル化学賞の候補にも名が挙がる前田 浩 先生が、病気予防とアンチエイジングのために考案した野菜スープの本です。

この中で、先生は「がんの予防には野菜スープが一番!」「野菜はサラダよりスープにしたほうが効果は100倍も強力!」と断言。なぜ、野菜スープがいいのか?なぜ、サラダよりスープがいいのか?をわかりやすく、かつ科学的に解説するとともに、簡単にできる野菜スープの作り方、高血圧、糖尿病、白内障、シミ、アトピーも改善したという野菜スープのスーパーパワーを紹介しています。

関連記事