糖質はがんの原因に?「本当の中身」(癌ニュース 2018/5/14 8:00)

By




スポンサードリンク


糖質



糖質をとると、がんの原因に? 話題を呼んだ研究の「本当の中身」|WIRED.jp

彼らの発見によれば、ブドウ糖がある決まった濃度のときに活性化するRasと呼ばれる遺伝子があり、この遺伝子は酵母細胞でも哺乳類細胞でも、細胞成長の制御に主要な役割を担っている。Ras遺伝子の活性化により、発酵が過剰促進されたがん細胞は、周囲のブドウ糖を食べ尽くし、異常な速度で成長するのだ。

今回の発見から、糖は(ペトリ皿の中では)がんの成長を加速させることが示唆される。だがそれは、「糖を摂取するとがんになる」という主張とは、まったく別物だ。

「実験室での代謝経路の研究から、食生活の話はできません」と指摘するのは、カリフォルニア大学サンディエゴ校のムーアがんセンターで健康食プログラムの責任者を務めるクリスティーン・ズーマスだ。「こうした経路をどう食生活に応用できるかを解明する研究手法がまだないのです」

医者も食べている「がんリスクを減らして若返る」3つの食材 | News&Analysis | ダイヤモンド・オンライン

先生は最近、「医師が実践する 超・食事術」という本を出版されましたが、健康になれる食生活って結局、どんなもんなんでしょう?

稲島 健康的に長生きできる食事を続けると、なんと見た目の改善も期待できそうなんです。私はまず「無理せず朝食だけ変える」ことをお勧めします。食事は楽しむことも大切だから、夕食は比較的自由に、でも朝食は習慣化しやすいから改善してみましょうという提案です。そして、まず摂ってほしい食品その1は「ナッツ」なんですね。

東京新聞:大腸がん発症部位で左右差 遺伝子異常タイプに違い:暮らし(TOKYO Web)

「以前から、大腸の左と右にできるがんで違いがあることは知られていた。右側(盲腸、上行結腸)にできるがんの方が左側(下行結腸、S状結腸、直腸)より悪性度が高い。発見が遅れることがその理由だと思われていたが、左と右で遺伝子異常にも違いがあることが分かってきた」。愛知県がんセンター中央病院(名古屋市)薬物療法部の室圭(むろけい)部長は話す。

 大腸の部位別にがんができる比率を見ると、直腸が四割と最も多く、左側だけで七割を占める。しかし、ステージが比較的進行しておらず、小さい腫瘍が多い。一方、右側にできたがんはステージが進行し、大きな腫瘍であることが多いという。

 違いが出るのは、自覚症状が左側の方が出やすいことがある。肛門に近い左側にがんができた場合、便通が悪くなったり便に血液が付いていたりして気づきやすい。一方、肛門から遠く便が軟らかい状態で通る右側にできたがんは、大きくなるまで自覚症状が出にくい。

 最近は、大腸がんの左右差は見つかりやすさだけでなく、遺伝子異常のタイプの違いも背景にあることが分かってきた。



スポンサードリンク


「カギは患者との雑談力」乳がん名医が”サイン”見逃さない理由 - Peachy - ライブドアニュース

自己負担の超音波検査や最新の3Dマンモグラフィー検査との併用が早期発見を手助けするが、いずれも、画像からがんを見つけ出す、医師の“確かな目”が不可欠だ。しかし、島田先生はそれ以上に大切なものがあるという。

「私の原点は、エックス線や超音波などで撮影された画像から病気の性質を導き出す放射線科診断医です。研修医のころ、乳がんの患者さんの超音波検査をしたときに、患者さんが主治医には遠慮して話さなかった症状や生理の周期などを口にしたのです。それは画像診断にとって大きなヒントになることばかりでした。それから乳腺診療に力を注ぐようになっても、目の前の画像からがんを探すだけでなく、ほかの検査の画像や患者さんが語る症状や日常背景を聞き出して、その情報を組み合わせて推理しながら画像診断をしています。そうすることで、より“鮮明に”がんが見えてくることが多いのです」

最新の知識や機器を備えているだけでなく、患者が何げなく口にする“異変”に耳を傾けることも必要だという。

ジェーン・フォンダ、過食症やガンを乗り越え「私が80歳まで生きるなんて奇跡」 - ネタりか

「もしもハタチや30歳の頃の私が『80歳になってもアナタは女優業をやっています。それに活動的なままですよ』なんて言われていたら、こう答えていたでしょうね。『あなた、頭がどうかしちゃってる。だってそんなことあり得ないもの』ってね。」
「それに、自分でもこんなに長生きするとは思っていなかったの。毎日目覚めると、(自分が生きていることが夢じゃないんだって知るために)頬をつねりたい気分になるの。」
「本当にとても恵まれているって思う。だけど(長生きすべく)努力はしてきたわ。」

そんなジェーンはかつて乳がんと過食症を患い、今年に入ってからは「下唇にできたガンを除去してもらったの。まだ完全に治ったとは言えない状況」と告白しファンを驚かせたが、本人は乳がんを克服した経験もあることから「乗り越えられる」といった自信を得たという。

「そう。私のように長生きして先が短くなると、過去を振り返ってこう言えるの。『ああ、あんなことも乗り越えたんだわ』って。」

関連記事