「白州12年」「響17年」が販売休止、ハイボール人気の影響で

By




スポンサードリンク


サントリー 白州
出典:サントリー 白州


「白州12年」など販売休止 ハイボール人気で原酒不足

サントリーホールディングスが国産ウイスキーの主力製品である「白州12年」と「響17年」の販売を休止することを明らかにしました。

ハイボール人気の高まりなどが原因で原酒が不足。「白州12年」は在庫がなくなる6月頃から、また「響17年」は9月ごろから休止される見通しといいます。販売再開の時期についても未定とのことです。



スポンサードリンク


1983年をピークとして低迷を続けていたウイスキーですが、炭酸水で割るハイボールの影響で再ブームとなりました。

2008年以降になると需要が拡大し、NHK連続ドラマ「マッサン」の影響で人気に火がつきました。この結果、ここ10年でウイスキーの国内出荷量は約2倍に増加していました。

販売休止となる2製品の熟成には10年以上の期間を要するため、需要が拡大する以前の見通しで原酒を生産していた生産ラインが需要に追いつかなくなったようです。

関連記事