高額でがん治療を諦めていた人に光明!(癌ニュース 2018/5/17 12:00)

By




スポンサードリンク


高額で治療を諦めていた人に光明!がん治療が変わる



高額で治療を諦めていた人に光明!がん治療が変わる - ライブドアニュース

これまで、「前立腺がん」など2つのがんだけだったロボット支援手術の公的保険適用が、今年4月から、「胃がん」や「肺がん」にも適用されるようになった。高額だからと諦めてていた多くの人達が、4月以降ロボット支援手術をしている病院に殺到しているという。

翁長・沖縄県知事が手術…「すい臓がん」どんな病気? : yomiDr. / ヨミドクター(読売新聞)

すい臓は長さ20センチほどの左右に長い臓器で、胃の後ろにある。食べ物の消化を助けるすい液を作ったり、血糖値を調整するホルモンを作ったりする。がんの9割以上は、すい液をすい臓から十二指腸に送るすい管にできる。

 国立がん研究センターによると、すい臓がんによる年間の死亡者は肺、大腸、胃がんに次いで4番目に多い。体の深い所にあるすい臓は「沈黙の臓器」とも言われ、がんが発生しても症状が出にくく画像検査での早期発見も難しい。背中の痛みなどが表れた時には、周りの組織にがんが広がっているケースが少なくない。

古村比呂、抗がん剤治療で「細胞たちがビックリ」 - 芸能 : 日刊スポーツ

がんの再々発を告白した女優の古村比呂(52)が、抗がん剤治療の副作用についてつづった。

 今月2日から5回目の抗がん剤治療を開始した古村。15日に更新したブログでは「そろそろ5回目の抗がん剤治療の副作用が出始めています」とし、「歯茎の腫れが出てきたり 手足の痺れも感じてきたり 今回は足先、足裏にその兆候を感じます」と症状を明かした。



スポンサードリンク


90歳でも手術できる時代――胃がんの名医 福永哲医師|ニフティニュース

■手術と放射線、楽なのは?

――高齢の患者さんの中には、「手術したくないから、薬や放射線で治したい」という人もいると思います。

 抗がん剤の負担は手術より軽いだろうと思う方もいるかもしれませんが、それは誤解です。高齢者は抗がん剤の副作用が強く出て、決められた量を最後まで完遂できない人が多いのです。

 また、体にやさしいとされる放射線治療にもデメリットがあります。副作用は軽く済んだとしても再発のリスクがあるうえ、再発したら手術が非常に難しくなり、合併症のリスクが高くなります。その点も覚悟したうえで、放射線治療は受ける必要があるのです。

 一方、手術の場合、たしかに術後の合併症のリスクはありますが、これさえ乗り切れば、治療は1回で済んでしまいます。再発しても、次の手を打つことができる。高齢者には抗がん剤や放射線が楽なのではないかと思われがちですが、それは安易な考えです。

進行した肺がん治療は運が決める : yomiDr. / ヨミドクター(読売新聞)

免疫の働きのブレーキを外して、がんを攻撃させる免疫療法薬「オプジーボ」は、遺伝子変異の有無は問題にならず、組織型とは無関係に肺がんの85%が治療の対象になる。ただ、効果が出るのは2~3割とされ、最初の抗がん剤治療が効かなくなった後に使う。

昨年には「キイトルーダ」という同種の別の薬が承認されたが、こちらはがん細胞を調べてPD-L1というタンパク質が多いタイプなら最初から使えて、4~5割への効果が報告されているという。いずれも少数とはいえ、治癒と考えられる患者が出ている点が期待を集めている。今年も「テセントリク」という薬が承認され、今後も新しい薬は出てくる。

 進行、再発した肺がんの治療は依然として厳しいが、自分に合う薬に出会う確率は高まってきている。

関連記事


Share

スポンサードリンク