スマホでネット商品購入「制約条件」見落としで約4割が危険な思い

By




スポンサードリンク


スマートフォン


スマホでネット商品購入、約4割が制約条件見落とし

今や、多くの人がスマホでインターネットを利用する時代になりました。私もそうですが、商品をネット購入する際にもスマホを使うことが自然と多くなりましたね。

しかし、いつも利用しているECサイトなどでは、慣れてしまうとつい「制約条件」などを見落としがちになりませんか?

小さな文字で書かれていることもあるのでしょうが、記載が毎回同じように見えてしまい、スルーしてしまうことも。

ところが、気を付けないと思わぬ落とし穴に陥るケースもあるそうです。

消費者庁の調査によると、「今なら無料」などと強調された表示につられ、スマホから想定外の商品を購入した経験を持つ消費者が約4割にものぼることが分かったと16日に発表されました。



スポンサードリンク


対象者は20~60代の男女1000人。インターネット上で消費者庁が調査した結果、過去1年の間にスマートフォンで商品やサービスの購入、申し込みをした経験者は55.1%と、半数以上にものぼることが明らかにされました。

このうちの39.2%が「注意書きや注釈を読まなかったことで想定外の商品やサービスを購入したり思っていた数量以上の商品などを購入したことがある」と答え、制約条件の見落としに思わぬ危険がはらんでいることが報告されています。

スマホは画面が小さいので、文字がもともと読みづらいのが欠点ですが、数量などはちゃんと確認してから購入ボタンをクリックした方が良さそうです。

また、普段は見慣れないサイトを利用する場合、さらなる注意が必要です。

たとえ利用するサービスが「無料」と謳っている場合(無料見積もりなど)でも、メールアドレスや電話番号など「個人情報」を取得するのが目的なケースも多く見られます。

無料サービスを利用したあと、抜き取った個人情報を使って頻繁に営業の連絡が来たりもしますので、「タダより高いものはない」と肝に銘じたいものです。

関連記事


Share

スポンサードリンク