日本人の個人情報が「ダーク(闇)ウェブ」 で2億件も販売されていた

By




スポンサードリンク


個人情報


日本人の個人情報2億件が「ダーク(闇)ウェブ」で販売されていた

米サイバーセキュリティー企業「ファイア・アイ」が、日本人の個人情報とみられる2億件以上のデータを匿名性の高い「ダーク(闇)ウェブ」上で販売されているのを発見しました。17日の発表で明らかにされました。



スポンサードリンク


ファイア・アイの発表によると、販売された流出データは、IDやパスワード、メールアドレスだけのものから、氏名、住所、生年月日、携帯電話番号まで含まれたものもあったといいます。

販売元は「中国在住の個人」とみられ、価格は1千元(約1万7千円)とのこと。小売りや食品業界、金融、交通業界など、さまざまな職種を通して盗まれたもののようです。

データには重複や意味のないものも含まれ、実際の流出数はもっと少ないとされますが、非常に怖い話しです。ビッグデータはこのようにして闇取引が行われているのでしょうか?

 ベストセラー1位  - カテゴリ セキュリティスタンプ

関連記事