G-DRAGON(BIGBANG) 手術のため入院、兵役前の負傷が原因か

By




スポンサードリンク


BIGBANG G-DRAGON 着用 モデル クロス 十字架 クロスボール ネックレス


入隊中のG-DRAGON、手術のため入院

今年2月より兵役のため軍に服務中の韓国人気グループ、BIGBANGG-DRAGONが手術のために入院していることが17日、明らかにされました。

所属事務所であるYGエンターテインメントの発表によると、G-DRAGONは「右足首」の手術のために入院しているといいます。



スポンサードリンク


入隊前、コンサートでの足首の負傷が原因か

G-DRAGONは先月中旬に軍の病院を経て、ソウルの大学病院で治療を受けたところ、手術を勧められたそうです。

また、報道によるとG-DRAGONは軍服務中の負傷ではなく、入隊前から右足首の痛みを訴えていたとされています。過去のコンサートで、足首を負傷したことが原因なのでは?と見られています。

2月27日から兵役で軍服務についたG-DRAGON。右足首にサポーターのようなものが巻かれた訓練中の写真が3月に出回り、ファンから心配の声があがっていたといいます。

ちなみに、G-DRAGONが入所した陸軍・第3師団の新兵訓練所は別名「白骨部隊」と呼ばれ、訓練が激しく厳しいと噂される部隊です。

入所当時、ファンからは「白骨部隊のこと調べたけど絶句…大丈夫?泣きそう 」「もう既に骨ぐらい痩せてるけど、大丈夫かな…?」「とりあえず元気でいて欲しい。無事に帰って来て欲しい」などの声が続出していました。

G-DRAGONは、手術後に復帰する予定だといいます。


≫もっと『BIGBANGの記事』を読む

関連記事