【がんの診断書】職場が知りたい内容は?(癌ニュース 2018/5/20 11:20)

By




スポンサードリンク


【がんの診断書】職場が知りたい内容は?(癌ニュース 2018/5/20 11:20)



くらしとつなぐ:診断書 仕事両立の鍵に=国立がん研究センター東病院 がん相談統括専門職 坂本はと恵 - 毎日新聞

診断書を受け取る側である職場は、どのような情報を求めているのでしょうか。千葉県がん対策審議会就労支援部会が、2014年に県内の事業所を対象に調べたところ、従業員が私傷病となった際に苦慮した点として「病気や治療に関する見通しがわからない」と回答した事業所が37・1%もありました。特に「治療に要する期間」「起こりうる副作用」「副作用や後遺症の対処方法」が知りたい情報であることが見えてきました。

セルフチェックも有効“乳がん”生存率95%のしこりの見つけ方 | 女性自身[光文社女性週刊誌]

  • (1)背中にタオルや枕を置いて、胸を張らせて、指の腹で乳房を圧迫しながら触っていく。
  • (2)しこりは、いびつな形で、梅干しの種のような硬さ。触ると反動があるようなタイプが多い。肉まんの中の梅干しの種を見つけるようなイメージで。
  • (3)乳がんは、乳房の外側の上部に発生しやすいので、とくに注意して調べよう。

声優・水谷優子さん没後1年 乳がんで急逝する直前まで『ちびまる子ちゃん』のアフレコに|健康・医療情報でQOLを高める~ヘルスプレス/HEALTH PRESS

その水谷さんの急逝が報じられたのが今から1年前の5月中旬(2017年5月17日没)。死因は「乳がん」だった。水谷さんは2014年に乳がんの摘出手術を受けていたが、それから2年後、病魔に倒された。

 最期の5月、水谷さんは「仕事をぎりぎりまでやること」を条件に入院を承諾したという。友人にも仕事場でも病名を明かさず、彼女が限界ぎりぎりの最終仕事として臨んだのが、4月22日アフレコの『お姉ちゃんと写生大会に行く』『友蔵、まる子を叱りたい』の2本分だった。



スポンサードリンク


「若大将」のマドンナ・星由里子さん死去 がん死亡率No.1「肺がん」の最も安全な手術法とは (1/3) 〈週刊朝日〉|AERA dot. (アエラドット)

1960年代、映画「若大将」シリーズで主演の加山雄三さんの恋人を演じ、アイドルとして人気を博した星由里子さん。日本テレビ系「2時のワイドショー」の司会を務め、NHK連続テレビ小説「あぐり」ほか上品な姑役を演じ「あんなお母さんがほしい」と誰もが思った女優が、心房細動と肺がんで死去した(享年74歳)。がん死亡率No.1の肺がんだが、最も安全な手術法があるという。

入院時の「差額ベッド代」、病院側の都合で個室になった場合払う必要ない | マネーポストWEB

「1か月の医療費が年齢や所得に応じた自己負担限度額を超えた場合、超過分が払い戻される制度です。年収370万円以上なら自己負担の目安は月8万~9万円。この金額を超えた額が請求できるので必ず申請すべき」

 しかし、この制度の対象外になるのが特別療養環境室(個室)の差額ベッド代だ。Aさんは、入院時に「大部屋が空いていない」と病院に言われるまま個室を選択。1日約1万円、合計約20万円の差額ベッド代を払うことになってしまった。

関連記事


Share

スポンサードリンク