「寝る子は育つ」って本当なの?(便利なニュース 2018/5/20 23:00)

By




スポンサードリンク


「寝る子は育つ」って本当なの?(便利なニュース 2018/5/20 23:00)



「寝る子は育つ」は本当か?その理由と根拠 [睡眠] All About

動睡眠は身体が休息してグッタリ眠っている状態で、このとき脳は活発に働いて神経ネットワークが発達します。新生児から乳児のころに全睡眠の半分を占めている動睡眠は、2歳頃になると大人と同じレム睡眠に変わり、時間も短くなっていきます。

一方、静睡眠のときには体や目玉は動かず、呼吸や脈拍もゆっくり規則的です。脳が休息して、グッスリ眠っている状態といえます。静睡眠は成長すると、ノンレム睡眠に変わってきます。

幼児期にはノンレム睡眠の中でも深い睡眠が増え、熟睡量は一生のうちで最も多くなります。寝ついてから3時間以内の深い睡眠中に、成長ホルモンが大量に分泌されます。子どもはこのホルモンのシャワーを浴びることで、身体が急速に大きくなります。

キレイ好きと「潔癖症」は無関係? それってもしかして「強迫性障害」かも - ライブドアニュース

「潔癖症」と聞くと、度を越したキレイ好きというイメージが強く、個人の性格の問題と考えられることも多いかもしれません。

実は、医療のサポートが必要な潔癖症は「強迫性障害」と呼ばれる病気で、家族も含めた周囲の方の理解がないと症状が悪化してしまうケースもあるそうです。

トマトを生のまま食べるのは損?抗酸化作用の高いリコピンの吸収率を高めるには「にんにく」「玉ねぎ」「油」を加えて加熱することがカギ | ママスタセレクト

リコピンの構造には大きくわけて「トランス体」と「シス体」の2種類があります。さまざまな研究からリコピンは「トランス体」よりも「シス体」のリコピンのほうが体内に吸収されやすいことがわかっています。市販されているトマトに含まれるリコピンの多くは「トランス体」であるため、 生のままでは体内吸収性が低いのです。

そこでカゴメと名古屋大学は共同でトマトに含まれるリコピンを「トランス体」から「シス体」に変化させる技術を研究し、さまざまなメニューで、トマトと一緒に使用されている野菜が、リコピンのシス体への変化に与える影響を比較。共同研究の結果、「にんにく・玉ねぎ」を入れて「油で加熱調理」をすることで、「トランス体」のリコピンが「シス体」へと変化(シス化)することが、新たに判明したそうです。



スポンサードリンク


ムワッとこもるトイレの悪臭対処法 [掃除] All About

まず、既にドアを開けるたび「なんか臭う」といつも感じてしまうトイレであるならば。今すぐ以下の3つのポイントをチェックしてみて下さい。体調が悪くなければ鼻を近づけて「悪臭源」であることの確認も是非。

  1. 便座の裏、便器のフチ裏
  2. トイレマット、スリッパ
  3. 便座カバー、蓋カバー

やっぱりコロコロは必需品!床やカーペットに落ちてる髪の毛の掃除方法

あの「コロコロ」と呼ばれる粘着テープのついたローラーはカーペットや畳のちょっとした掃除に有効です。
キッチンマットや玄関マットにも使えます。あまり強く押し付けてしまうと繊維の隙間にゴミを押し込んでしまう、カーペットの表面を傷めてしまう等の原因になるので軽く動かしましょう。

掃除機と異なり電源不要で音も出ないため、気づいた時にすぐ掃除できるのが嬉しいですよね。フローリングに使う時は貼りついてしまう恐れがあるので、一度絨毯などの上で転がしてから使うのがおすすめです。

 ベストセラー1位 
- カテゴリ 粘着式クリーナー
ニトムズ コロコロ スペアテープ フロアクリン

関連記事


Share

スポンサードリンク