登山家・栗城史多さん、エベレストで死去 35歳

By




スポンサードリンク


栗城史多 公式ブログ Powered by LINE
出典:栗城史多 公式ブログ Powered by LINE


登山家・栗城史多さん(35)が21日の朝、エベレストのキャンプで亡くなっているのが発見されました。

栗城さんは21日、「下山します」と題したブログを更新。

栗城は体調が悪く、7400m地点から下山することになりました。

体調不良という書き込みに、各マスメディアから心配する声が続いていましたが、その後の事務所発表で栗城さんの死去が報告されました。



スポンサードリンク


栗城史多 公式ブログ - 栗城についてのご報告 - Powered by LINE

このようなお知らせになり大変申し訳ございませんが、
エベレストで下山途中の栗城が遺体となり発見されました。

下山を始めた栗城が無線連絡に全く反応しなくなり、
暗い中で下から見て栗城のヘッドランプも見当たらないことから
キャンプ2近くの撮影隊が栗城のルートを登って捜索し、
先ほど低体温で息絶えた栗城を発見いたしました。

2009年以降、エベレスト登頂に7度挑み続けた栗城さんですが、2012年には両手、両足、鼻が重度の凍傷になり、右手親指以外の両手9本の指の先を失いました。今回、そのような困難に状況に直面しながらもエベレストの頂を目指していた矢先のことでした。

謹んでご冥福をお祈りいたします。

関連記事


Share

スポンサードリンク