「何歳からオッサン?」20代女性が残虐コメント(雑学ニュース 2018/5/22 8:30)

By




スポンサードリンク


「何歳からオッサン?」20代女性が残虐コメント(雑学ニュース 2018/5/22 8:30)



「何歳からオッサン?恋愛はありえる?」20代プロ女性が残虐コメント | 日刊SPA!

一つ、興味深い話がある。オヤジ向けのWEBマガジン『Hot-Dog PRESS』No.175(講談社)の調べによると、「40オヤジはズバリ恋愛対象ですか?」という20代女性を対象とした質問に(たった)18%の女性が「好みのタイプならOK」と答えたという。

 では好みのタイプとはどういう人なのか見てみると、一般の40代男性が20代女性と恋愛するのが絶望的なのがわかる。同誌の「40代男性の好きな有名人ランキング」には、竹野内豊や西島秀俊などの現実とはかけ離れた存在のイケメンが並ぶ。つまり18%の20代女性が「好みのタイプならOK」と言っていても、若い女性の好みのタイプの40代男性など、一般的には存在しないと言ってよいのだ。

「40代男性との恋愛は99%ない」

ASCII.jp:新iPad、買ったらすぐにiPhoneのデータをカンタン転送!

iOS 11から新しいアクティベート方法が追加されました。今回は、新しい設定方法で、iPhoneのWi-Fi設定や情報をiPadにカンタンに転送する方法を紹介します。

松下幸之助が"掃除の大切さ"を説いたワケ | プレジデントオンライン

日本の優れた企業には、経営者や従業員が自ら掃除や整理整頓に取り組んでいるところが少なくありません。本田宗一郎、松下幸之助といった名経営者も、掃除や整理整頓を大事にしてきました。掃除には、どのような経営上の効果があるのでしょうか。



スポンサードリンク


なぜ数を「0」で割ってはいけないのか? - GIGAZINE

数学の世界では、ルールを変えれば奇妙な答えであっても存在することが可能になります。しかし、「数をゼロで割るな」というルールは、多くの場合「破ってはいけないもの」と言われます。なぜ「ゼロで割るな」というルールを破るべきではないのかを、アニメーションでわかりやすく解説したムービーが公開中です。

Instagram広告は、実際どのくらい効果があるのか? ビジネス活用例を紹介!【ADVERTISING WEEK ASIAレポート】

■Instagram広告の成功事例は?

例えば、化粧品会社のメイベリン ニューヨークの場合、「過去メイベリンのマスカラを購入したことがないが、Instagramの広告を見て1ヶ月以内に商品を購入した」という人数は、テレビ広告よりも9.6%増えたそうです。NTTドコモでは、学割キャンペーンを認知させるためにInstagramを使って若年層のリーチを効率的に拡大し、広告・ブランド認知向上に成功したという事例も。他にも、BMWのブランドとキャンペーン訴求の認知や、WANTEDLY PEOPLEのアプリインストール数のアップが事例として紹介されました。

また、毎日Instagramを利用する18歳〜29歳にアンケート結果では、情報を探す方法として口コミサイトのコメント、口コミランキングを抜いていました。化粧品や自動車など業種を問わず活用が広がっているInstagramは、「情報を探すツール」であり、「最も有効なソース」でもあるのです。

関連記事


Share

スポンサードリンク