【新日本プロレス】初の外国人社長、世界規模の団体めざす

By




スポンサードリンク


徹底検証!新日本プロレス黄金時代スキャンダル|Yahoo!ショッピング

新日本プロレスが、初の外国人社長として元・玩具大手タカラトミーの社長だったハロルド・メイ(54)を迎えると『新日本プロレス 外国人プロ経営者招聘で海外市場本格開拓へ - ライブドアニュース』という記事でアナウンスされています。



スポンサードリンク


「現在の新日本は、かつてのファンが知る新日本ではありません。プロレス人気が低迷した2005年に猪木さんは経営権を手放し、現在の新日本はカードゲーム会社のブシロード傘下に入っている。それ以降、かつてのような遺恨や確執を売りにするスタイルを排除し、爽やかでスポーツライクな方向に転換しました。

 ルックスのいい若手スターを前面に押し出し、それまで男性ファン一色だったプロレス会場に『プ女子(プロレス女子)』と呼ばれる女性ファンを増やすことに成功、今年は過去最高の売上高になる見通しです。その次の一手として、新日本は海外マーケットの開拓に取り組んでいる。メイ社長の就任はその戦略を本格化するということでしょう」

ボクの世代では、「新日本プロレス」といえばアントニオ猪木さんでした。子供の頃はプロレススーパースター列伝という漫画が大好きで、「日本プロレス」を脱退後に新日本を立ち上げた猪木さんの足跡を夢中になって読んだ記憶があります。

日本のプロレス団体は、猪木さんやジャイアント馬場さんようなトップレスラーが独立することがきっかけで新団体が設立されてきた歴史があります。

今回のニュースはそのような意味合いとは少し話しが異なりますが、ビジネスという点では斬新な発想ですね。

人気もアイデアも日本プロレス界では唯一抜きん出た感のある新日本プロレス。果たして、世界最大のプロレス団体WWEにどれだけ追いつくことが出来るのでしょうか?

ちなみにボクは、今よりも猪木さんが全盛の頃の新日本が好きでしたけどねぇ…。

 予約商品  (2018/5/25発売)

  • 新日本プロレス
  • しんにほんプロレスリング
  • 会社
  • 新日本プロレスリング株式会社は、日本のプロレス団体。通称「新日本プロレス」。業務提携先に興行部門として自主興行をプロモートする新日本プロモーション株式会社と関西興行をプロモートする新日本プロレスリング新日企画がある。 ウィキペディア
  • CEO: 菅林 直樹 (2013年9月24日–)
  • 本部: 東京都
  • 収益: 38.59億円
  • 創立者: アントニオ 猪木
  • 設立: 1972年1月13日
  • 従業員数: 61 (2017年)

関連記事


Share

スポンサードリンク