「がん休眠療法」とは?緩和医療前に期待(癌ニュース 2018/5/23 8:00)

By




スポンサードリンク


緩和医療の前に期待「がん休眠療法」とは(癌ニュース 2018/5/23 8:00)



緩和医療の前に期待 がん眠らせ長期共存「休眠療法」とは|日刊ゲンダイヘルスケア

「がん休眠療法は、がんの増殖を止めて発育速度を遅くし、がんの進行を遅らせる治療法。“がんを眠らせて、少しでも長くがんと共存する”という意味から、がん休眠療法と名付けました」

慶應義塾大学病院で始まるがん遺伝子検査「PleSSision-Rapid」(柳田絵美衣) - 個人 - Yahoo!ニュース

慶應義塾大学病院では、診断・治療のために手術がおこなわれるがん患者から摘出された組織検体よりDNAを抽出して、

患者のがんの原因、および治療法選択に関与すると考えられる160遺伝子の変異を調べる臨床研究を開始する。

絶えざる反省が手術のクオリティを向上させる――食道がんの名医 大杉治司医師 | がんと共に生きる。 | 文春オンライン

食道がん手術で胸腔鏡を使う病院が増えている。そのパイオニアが大杉治司医師だ。今では、その実績と実力を専門医の誰もが高く評価するが、当初から認められたわけではなかった。手術の質の向上には何が必要か、聞いてみた。



スポンサードリンク


子宮頸がん発症を抑制、京大チームが化合物開発…年度内に治験開始 : yomiDr. / ヨミドクター(読売新聞)

子宮頸がんの発症前に投与することで、がんへの進行が抑えられる可能性がある化合物を開発したと、京都大のチームが発表した。今年度中に京大病院で臨床試験(治験)を始め、3年以内の実用化を目指す。

腹膜播種を伴う胃がん患者に対するティーエスワン+パクリタキセル経静脈・腹腔内併用療法、ティーエスワン+シスプラチン併用療法に対する全生存期間(OS)の優越性を示せず – がん情報サイト「オンコロ」

  • この記事の3つのポイント
  • ・腹膜播種を伴う胃がん患者に対するティーエスワン+パクリタキセル(IP)経静脈・腹腔内併用療法の主要評価項目である全生存期間(OS)中央値は17.7ヶ月に対してティーエスワン+シスプラチン(SP)併用療法15.2ヶ月(P=0.080)であった
  • ・副次評価項目である奏効率(RR rate)はIP経静脈・腹腔内併用療法53%に対してSP併用療法は60%を示した
  • ・IP経静脈・腹腔内併用療法の主なグレード3または4の治療関連有害事象(TRAE)は白血球減少症、好中球減少症、貧血、そして食欲不振であった

関連記事


Share

スポンサードリンク