がん告知の医師が語る「癌で不幸にならない方法」(癌ニュース 2018/5/25 17:00)

By




スポンサードリンク


がん告知の医師が語る「癌で不幸にならない方法」(癌ニュース 2018/5/25 17:00)



1000人以上にがんを告知した医師が語る「がんで不幸にならない方法」 | がんと共に生きる。 | 文春オンライン

自分ががんと言われて落ち込まない方はいません。たとえ治癒率の高い早期であっても、絶望して寝込んだり、家族にあたり散らしたり、事実から目を背けたり、うつ状態になりかけたりする方も大勢います。でも、このひどい状態は、だいたい2週間で落ち着きます。告知を受けた直後の大混乱を経て、頭を整理し、なんとか受け入れることができるようになる。この精神的な落ち込みの期間を、私は「魔の2週間」と呼んでいます。

熊本地震:右胸なくても素敵なドレス 被災女性に支援の輪 - 毎日新聞

2016年4月の熊本地震で被災し、熊本県南阿蘇村の仮設住宅に暮らしながら乳がんと闘う主婦、梶原瑠美子さん(33)を支援しようと、長男が通学する小学校の保護者らが募金活動を始めた。結婚式を開かず、ウエディングドレスも着ていない梶原さんのために、寄付を活用してカメラマンやドレスを手配し、村内で6月8日に手作りの結婚式を計画している。

【がん】乳がん細胞が休眠していられる仕組み | Nature Communications | Nature Research

他の臓器へ播種されて休眠状態にある乳がん細胞は、オートファジーを起こすことで確実に長期にわたり生存できるようになることを明らかにした論文が、今週掲載される。



スポンサードリンク


新連載!第1回 (後編) 乳がんはマンモグラフィで見つからないの? 自分で乳房のタイプを知り、検診方法について考えよう | OurAge

日本人女性に多い乳房は、“高濃度乳房”。しかしこれは、マンモグラフィでは乳がんが見つけにくいタイプです。高濃度乳房で乳がんの検診結果が“判別困難”であっても、国の検診指針では、本人に「要精密検査」か「異常なし」しか伝えません。そのためある日、突然、進行した乳がんが見つかることも…。現在、国は専門家の検討会などで、乳がん検診制度の見直しについて議論していますが、まだまだ時間がかかります。その間、検診を受ける人はどうすればいいのでしょうか。

がん誤診は案外多い、がん発見プロセスと判断方法を知るべし|ニフティニュース

がんと診断され、闘病生活を続けた数年後、突然病院から「本当はがんではありませんでした」と告げられる──。そんな悲惨な“誤診がん”の被害者が、実は少なくない。

 13年連続でがん死亡率が全国最下位で、罹患率も全国平均より高い青森県が県内10町村で2011年度にがん検診者を対象に実施した調査によると、胃がん、大腸がん、肺がん、乳がん、子宮頸がんの検診を受診した計2万1316人のうち、1720人ががんでないのに「要精密検査」と判定されていた。受診者の12人に1人(約8%)が偽陽性の判定を受けていたことになる。

関連記事


Share

スポンサードリンク