がんの「余命宣告」正しい意味は?(癌ニュース 2018/5/25 8:00)

By




スポンサードリンク


がんの「余命宣告」正しい意味は?(癌ニュース 2018/5/25 8:00)



がんの「余命宣告」の正しい意味を知っていますか?(大須賀 覚) | ブルーバックス | 講談社(1/4)

一般の方の理解としては、余命宣告は同じ病状にあるがん患者が平均的に生きられる時間、つまり、あとどのくらいの期間を生きられるかの予想と考えていると思います。

この余命宣告はかなり正確で、例えば3年と言われたら、その前後数ヵ月の短い期間でほとんどの人が亡くなるものと思っている人も多いようです。

また、最も問題なのは、余命宣告されたら生き残る可能性がほとんどない、と勘違いしてしまうことも多く、この点が医師が思っている余命と相違があり、大きな勘違いを生む根源となっています。

全身がん闘病の樹木希林、遺影撮影済み「最期は自宅で」(NEWS ポストセブン) - Yahoo!ニュース

2004年夏に乳がんが見つかり、翌年に右乳房の全摘出手術を受けた。2008年頃には腸や副腎、脊髄までがんが転移していることがわかり、以降がん治療は30回を数えた。2013年3月には、日本アカデミー賞授賞式で「全身がん」宣言をして世間を驚かせた。

「公の場で笑顔を絶やさず、“死ぬ死ぬ詐欺です”と自嘲してきた希林さんですが、それでも全身にがんが転移しているのは事実。日によって、体調が優れず、苦しそうなことも多いそうです」



スポンサードリンク


乳がん見つける“IoTブラジャー” メキシコの19歳青年が開発 日本にも進出か (1/2) - ITmedia NEWS

乳がんは腫瘍が発生する際、その部分に血液が大量に送られることで感触が変化し、体温も上昇するという。EVAのアルゴリズムは、これらの変化に敏感に反応し、同じ状況が継続すれば、乳がんリスクが高いとしてユーザーに病院での診察をアドバイスする。

 乳がんは早い段階で発見し治療すれば約90%の人が治るといわれているが、乳がんの初期症状は本人にとってほとんど自覚がなく、早期発見が難しい。しかし、EVAを定期的に使用すれば、こうした発見が困難な初期症状を素早く見つけてくれるのだ。

がんに効く「100の方法」予防策から病院選びまで | トレンド | コラム | 日刊大衆

今や日本人の2人に1人ががんになり、3人に1人ががんで亡くなる時代。特に、男性は生涯でがんにかかる人が62%もいるため、がんはもはや“日本人に最も身近な脅威”となっている(女性は46%=国立がん研究センター調べ)。いったい、どうすればがん罹患を避けられるのか。また、いざ、がんになったら、どうすればいいのか。10人いれば10人とも体質が違うように、その予防と対策も異なると言える。そこで、がんを防ぐために知っておきたい100の方法を徹底収集した!

関連記事


Share

スポンサードリンク