トランプ米大統領、米朝首脳会談でまた一転「予定通りの開催も…」

By




スポンサードリンク


トランプ米大統領、米朝首脳会談でまた一転「予定通りの開催も…」


トランプ大統領が再び一転、米朝首脳会談「開催もあり得る」

トランプ米大統領は25日、中止を発表した米朝首脳会談について「(6月)12日の開催もあり得る」との見通しを示唆しました。一転してトランプ氏がこのような発言を行なった背景には、北朝鮮の金桂寛第1外務次官が25日に発表したコメントがあるようです。

金第1外務次官いわく、会談は「切実に必要」であり「いつでも会う用意がある」と再考を促す談話を発表し、これを受けたトランプ氏がTwitter上で「北朝鮮から温かく生産的な声明を受け取った」と評価する意向を示しました。



スポンサードリンク


トランプ氏はツイートで次のようにコメントしています。

「これがどこに向かうかはすぐに分かる。永続的な繁栄と平和につながることを望む」

今回の事態については、マティス国防長官も25日、「米朝首脳会談に関する、おそらく幾分前向きな知らせを受け取った」と説明し、米朝首脳会談が予定通り開催される可能性がまだ残っているとの認識を示していました。

どうやら、両国の外交担当者レベルで水面下の交渉が継続しているようですね。

果たして、歴史的となる米朝首脳会談は予定通り開催されるのでしょうか?


≫もっと『トランプ米大統領の記事』を読む

関連記事


Share

スポンサードリンク