医師直伝!胃カメラをラクに受けるコツ(癌ニュース 2018/5/30 8:00)

By




スポンサードリンク


もう苦しくない!医師直伝!胃カメラをラクに受けるコツ





医師が教える上手な胃カメラのコツ・胃内視鏡検査とは [健康診断・検診・人間ドック] All About

「以前、一度、胃カメラを受けたが、とてもつらかった」ということが理由で、それ以後の検査を避けられている方もいらっしゃるのではないでしょうか?

また、そのような体験談を耳にしたり、太いカメラを飲み込むというイメージが強いといった理由から、「きっと苦しいに違いない」と考えている方もいらっしゃるでしょう。

実は、胃カメラにはコツがあるのです。そのコツとは、力を抜くこと。これに尽きます。「それだけ!?」と思う方もいらっしゃるかも知れませんが、胃カメラの操作自体は医師がするのですから、検査を受ける方にはそれほどのコツは必要ありません。

具体的には「目はぼんやりと前を見て、ぽかーんと口を開けて、肩の力を抜く」。これが、胃カメラを上手に受けるコツです。



がん抑制効果も⁉ ターメリックの効能に新説登場 | ワールド | 最新記事 | ニューズウィーク日本版 オフィシャルサイト

英デイリー・メールによると、多発性骨髄腫を患っていた67歳のアメリカ人女性が、2011年に従来の標準治療を完全に止め、1日8gのターメリックを摂取する食事療法に切り替えたところ、平均余命である5年を過ぎた現在に至るまで小康を保っていることが、世界最大級の症例報告専用データベース「BMJケース・リポート」で報告されたという



「笑い」でがんへの免疫力向上 大阪の医療機関が発表:朝日新聞デジタル

大阪府立病院機構「大阪国際がんセンター」(大阪市中央区)は29日、漫才や落語による「笑い」によって、がん患者の免疫力向上のほか、緊張や疲労といった心身の状態も改善したことなどが確認されたと発表した。今後、研究結果を論文にまとめ、さらに詳細な分析も進めるという。



スポンサードリンク


多くのがんに共通する初期症状や兆候はあるか [癌(がん)] All About

がん細胞は急速に増殖するので血管が非常に豊富です。これらの血管は「新生血管」と呼ばれ、がんの増殖には欠かせない大量の酸素と栄養素をがん細胞に届ける役割をします。この新生血管は、通常の血管と少し構造が異なり血管壁がもろく、ちょっとした物理的刺激で破綻し出血します。

食道や胃、大腸などの消化管では、食べ物や便が通過するときの刺激でがんの表面から出血、気管や気管支では、怒責による血圧の上昇でも出血します。そうなると、当然のことながら、便や痰に血が混じってきますし、症状が進行した場合には、血液そのものが下血や喀血となって出てくることがあります。

特に痛みもないのに尿に血が混じる「無症候性血尿」は腎臓がん、女性の場合には月経周期とは関係なく出血する「不正出血」になると、子宮がんの可能性が考えられます。いずれも、体から血液そのものや血液が混じったものがでてくるということは、通常では見られない現象です。もちろん、何の心配も無い場合もありますが、がんの初期症状の可能性も少なからずありうると考えておいた方がよいでしょう。



1000人以上にがんを告知した医師も「セカンドオピニオンをすすめます」 | がんと共に生きる。 | 文春オンライン

「地域で一番の大学病院だから」「主治医に失礼」という遠慮はいらない
──森山先生はセカンドオピニオンをすすめていらっしゃいますが、それはなぜですか。

森山 セカンドオピニオンで主治医と同じ意見が出されれば、より治療に対する安心が高まりますし、異なる意見が出されれば治療の選択肢が広がります。セカンドオピニオンは、医師の示す治療方針を患者さん自身が納得するために受けるものなので、「地域で一番の大学病院だから」「主治医に失礼」などと遠慮する必要はまったくありません。

関連記事


Share

スポンサードリンク