ステージ4末期がん“生還者”が続けた8つのこと(癌ニュース 2018/6/1 8:00)

By




スポンサードリンク


ステージ4末期がん“生還者”が続けた8つのこと(癌ニュース 2018/6/1 8:00)



「ステージ4がん」からの“生還者”たちが続けた8つのこと | 女性自身[光文社女性週刊誌]

【自分を受け入れ、自分の価値を認める】

「実は、かつての私も含め、がんになる人は自分に対する評価が極端に低い人が多いのです。皆さん、人に気を使いすぎたり、仕事でも家事でも頑張りすぎてしまったり、自分より他人という自己犠牲の精神が強い傾向があります。自己評価の低さは、その人をつき動かす力にもなるのですが、『まだ足りていない』という思いは、自分を苦しめ、ストレスにもなります」


【発症を生活改善のチャンスと思う】

「がんを乗り越えた人たちは『病気になったことは自分にとって意味がある』と、前向きにとらえている人がほとんどです。病気を“悪い出来事”とだけとらえるのではなく、がんをそれまでの思いグセや生活習慣への“警告”と受け止めているのです」
 

【情報に振り回されず、治療法は自分で決める】

「がん治療に関する情報が氾濫している時代ですが、情報に振り回されることは禁物です。治っていく方は、アロマセラピー、ヨガ、気功、鍼治療など、自分にとって“心地よい”手当てや補完療法を見つけた人も多いですね」

大橋巨泉と愛川欽也「ガン治療」の違いでわかった過剰医療リスク | Smart FLASH[光文社週刊誌]スマフラ/スマートフラッシュ

「ガンになると、手術や放射線治療、抗ガン剤治療などが施されますが、なかには治療が有効でないケースも。不要な治療が、命を縮めてしまうことがあります」(岡田氏)

 手術となれば、臓器を切る際に組織をごっそり取り去る。ガンはリンパ管を通って転移するので、近くのリンパ節も全部取らなくてはいけない。体は大変な負担を強いられる。

「術後に何度も放射線を用いた検査をしますから、何重もの責め苦を負い、免疫力が大幅に落ちるんです。精密な検査で微細なガン細胞まで発見されて手術を受けるより、むしろ放置しておくほうがいい場合もあります」(同前)

 手術も放射線も有効でないステージ4に至ると、抗ガン剤治療しか手段はない。毒性も強く、当然苦痛を伴う。ガン治療の専門コンサルタントである(株)GMSの竹内規夫氏は、日本のガン医療制度が生む過剰医療を指摘する。

「日本の保険医療制度では、抗ガン剤治療が終了すると病院を出ることになります。『終了』とは、ガンに対応する認可薬をすべて試しきった、患者の体が投薬できない状態になった、患者が自分の意志で投薬を断わった、のケースです。

世界で認められている「免疫療法」が、日本で「インチキ」になる背景(ITmedia ビジネスオンライン) - Yahoo!ニュース

『科学として免疫療法は確固たる位置を築いたことは明白だ。日本では、いい加減な免疫療法が広がることを問題視し、憂慮している人が少なくないようだが、欧米ではいろいろな免疫チェックポイントを対象とする治療薬や多種類の免疫療法の検証が進んでいる。「怪しい免疫療法が広がることを懸念して、まともな免疫療法を抑え込む」ことは非科学的だ』(中村祐輔のシカゴ便り 2017年4月2日)

●2つの「誤解」が重なったことが大きい

 では、なぜ日本では、中村氏の言う「非科学的」なことが当たり前になっているのか。いろいろなご意見があるだろうが、個人的には「免疫療法」というものに対する、2つの「誤解」が重なったことが大きいと考察している。

 まず、ひとつ目の誤解は、「免疫療法にはエビデンスがない」というものだ。これがいかに「非科学的な言説」なのかということを、20年近く日本で免疫療法の研究や論文発表を行い、Aさんの治療も担当した瀬田クリニックの後藤重則院長が解説する。

 「免疫療法にエビデンスがないというのは事実と異なります。例えば、米国臨床腫瘍学会の論文では、免疫療法に関して6756人の患者さんを対象に18のランダム化比較試験が行われており、免疫細胞療法やワクチンが有効であったと結論づけています。

 これを日本医療機能評価機構が定めたエビデンスレベルに照らし合わせると最高位。他にも信頼のおけるジャーナルに掲載された論文など星の数ほどあります。ただ、全体をみると、医薬品のような製薬会社が行う大規模試験ばかりではないため、どうしてもエビデンスのレベルが低いと言われてしまうだけの話なのです」

 そもそも、エビデンスというものは「あり」「なし」で語られるような単純な話ではない。にもかかわらず、あたかも免疫療法にはまともな臨床試験ゼロ、科学的な論文もゼロという、「印象操作」と言ってもさしつかえない露骨なバッシングが行われているのだ。

 この逆風にさらにダメ押しのような形となったのが、2つ目の「免疫療法は標準治療と相容れないもの」という誤解だ。

 現在、日本のがん治療は、「手術(外科治療)」「薬物療法(抗がん剤治療)」「 放射線治療」という、いわゆる三大治療が主流となっており、「標準治療」と呼ばれている。そのため、免疫療法を行う医師たちは、これらの治療を否定し、まるでその効果に対して頑なに背を向けている「異端の医師」というようなレッテルを貼られることが多いが、前出の後藤院長は、これもまったく「非科学的な話」だと一蹴する。

 「例えば、抗がん剤治療を集中的に行った後に、その効果をさらに引き出すために免疫療法をやるなど、標準治療と免疫療法は連携することも少なくない。事実、私たちのクリニックにも、呼吸器、消化器内科、婦人科、放射線治療科などさまざまな領域で、がん治療を専門にやってきた医師がいますし、東大医学部、順天堂、東京医科大学などの医療機関でも、連携して治療にあたってくれることも少なくない」(後藤院長)

 参考 エビデンスのある「がん補完医療」

末期がんから生還せよ!エビデンスを持つ補完医療【全額返金制度あり】

私たちはこうして末期ガンから生還した!(3)生きがいで免疫力は高まる | アサ芸プラス

ガンと対峙した際、大きな問題は「死への恐怖」だ。わが国の医学界はこれまでガンを隠す(告知しない)ことで対応してきた。

 この問題に取り組んできた岡山県倉敷市の「すばるクリニック」伊丹仁朗院長は、「死の恐怖はそのままにして、今日1日をどう生きるかという行動に取り組むことが大事である」と唱えた慈恵医大の故・森田正馬教授の療法をベースに「生きがい療法」を考案した。ガンや死の恐怖に対して上手に対処する5つのヒントを与え、その考え方を実践する学習法を指導している。

「生きがいを持つことで免疫力は高まり、NK細胞(ガンやウイルスを攻撃する細胞)が強くなるんです」(伊丹氏)



スポンサードリンク


がん患者がすがる「免疫療法」、医師同士は競合を詐欺師扱い - ライブドアニュース

“早期発見すれば、がんは治る時代”といわれるが、今も日本人の死亡率1位。罹患率は5割だから、誰もが直面しうる病気だ。最も進行したステージ4では、抗がん剤治療が中心となるが、強い副作用や耐性が出て効かなくなってしまうことも多い。

 追いこまれた患者の選択肢として浮上するのが、『免疫療法』だ。手術、放射線、抗がん剤の3大療法に次ぐ“第4のがん治療”ともいわれている。『活性化リンパ球』『樹状細胞』『ペプチド』『がんワクチン』など、従来からある、“免疫細胞療法”(=以下、免疫療法)は、自由診療のみ。そのため多額の治療費がかかる。

 免疫療法の基本的な手順は、まず患者の血液を採取する。そこからリンパ球の細胞を培養し、増やしたり、活性化させる。または、がん細胞の目印を覚えさせる。これらを一定間隔で患者の体内に戻して、がん細胞を殺すという。

 なぜ、免疫療法は保険適用にならないのか? 免疫クリニックに疑問を投げかけると──。

「国民皆保険制度ができた1961年当時、まだ免疫療法が無かったので、審査対象にならなかった」

 この説明は明らかにおかしい。臨床試験で有効性が立証された新しい治療法や新薬は、随時保険適用になっている。免疫療法が保険適用にならない理由──それは有効性が立証できていないことに尽きるのだ。

がん、かかると治療費1千万?発見時の進行度や治療法で大きな差 高額化の恐れも | ビジネスジャーナル

では、一般的な治療の場合、がん治療にはどの程度お金がかかるのだろうか。

「東北薬科大学の濃沼信夫教授による2013年の調査では、まず、がん全体の平均が92万円となっています。その内訳が入院費28万円、外来費24万円、健康食品購入等20万円、民間の保険料36万円です。次に部位別に自己負担額を見ると、大腸がんが126万円、肺がんが108万円、乳がんが66万円、胃がんが102万円、前立腺がんが97万円になっています」(同)

 標準治療であれば、部位の違いによって異なりはするが、治療費は概ね100万円程度のようだ。

AYA世代のがん患者は民間保険に加入できるか? - Hoken Journal

3つの選択肢のうち、無選択型医療保険は、保険料が最も割高ですし、がんの再発・転移には利用できません。

また、がん経験者向けのがん保険も、現在加入できるもののうち、1社は乳がん専用で、残りの1社も、がん治療には手厚い保障となっているものの、がん患者さんが、使い勝手がんが良いと口を揃える診断一時金は付加されていません。選択肢の幅という点では物足りないかも。

ということで、がん患者さんが最も検討しやすいのは「引受基準緩和型医療保険」となるでしょうか。

加入条件は、がん経験者の場合、「過去5年以内に悪性新生物・上皮内新生物で入院・手術」「悪性新生物・上皮内新生物等で診察・検査・治療・投薬中」などに該当しないことです。

多くのAYA世代のがん患者さんは、この条件が合わないため、「現状では加入できない・・・」とお考えの方が多いようです。しかし、いずれ治療が落ち着いたら、「保険に入りたい!」という人も少なくないでしょうから加入条件についてはきちんと理解しておいてください。

第2回オンコロリサーチ 「がん×痛み」 – がん情報サイト「オンコロ」

緩和ケアについて「よく知っている」という方は全体の1割と少なく、残念ながら現状では十分な認知がされていない事が分かりました。なんとなく知っている方を含めますと半数の方が知っているという事になりますが、その中には緩和ケアについて少し違う解釈をされている方が多くいらっしゃる事が後の質問でわかりました。よくある勘違いとして、

”緩和ケア”は

治療法がない終末期(ターミナルケア)にだけ行うものではなく、診断された時から実施し、
痛みのケアだけでなく、不安、恐怖などの精神的ケアや痛み以外の体の症状にも対応し、
QOL(生活の質)を向上させて自分らしく生活を送れるようにするためのものです。

関連記事


Share

スポンサードリンク