「癌とスティグマ」女性がん患者の未婚率(癌ニュース 2018/6/4 8:00)

By




スポンサードリンク


「癌とスティグマ」女性がん患者の未婚率(癌ニュース 2018/6/4 8:00)



【ノウハウ】末期がんから生還せよ!『エビデンス』を持つ補完医療とは?!


無視できなかったインスタ投稿…がんとスティグマ、女性患者の未婚率 - withnews(ウィズニュース)

女性特有のがん経験者(乳がん、子宮頸がん・体がん、卵巣がん)は、同世代の女性と比べて、2~3倍未婚率が高い状況にある――。こんなショッキングな文章が書かれた画像を、インスタグラムで見つけました。投稿したのは、がんサバイバーであり、患者支援をしている方でした。「みよ、この婦人科系のがんを」「社会がやらなきゃならんことは、山ほどある」と書き込んでいます。他のがん患者に聞いてみると、「私も……」という声も聞こえてきます。


女性のがんの本当の話 - がん専門女医と先輩患者からの本音のアドバイス - (頼りになるお医者さんシリーズ)


ドラマでも話題に。手術ロボット、普及への課題 - ニュースイッチ

課題のもうひとつが「腹腔鏡手術などと診療報酬の点数が同じ点」(滝沢一浩社長)。ロボット支援手術の保険適用が拡大したとはいえ、腹腔鏡手術や胸腔鏡手術を行ってきた病院や医師にとって「(コストのかかる)ダヴィンチを導入するメリットがあまりない」(関係者)と判断する傾向がある。

 そのため、優位性の訴求が欠かせない。約600件のロボット支援手術を行ってきた藤田保健衛生大学病院消化器外科医の宇山一朗医師によると、14施設で326例のロボット支援手術を行ったところ、8例の患者が合併症を発症、これは全体の2・4%で腹腔鏡手術の半分以下になることを確認した。宇山医師は「合併症のリスク抑制につながる。術後早期に社会復帰が期待でき、患者の生活の質も向上する」と評価する。


ブラックペアン【TBSオンデマンド】


沖縄)看護師の島袋さん、沖縄初の膵臓がん患者団体設立:朝日新聞デジタル

早期発見が難しく治りにくいとされる膵臓(すいぞう)がんの患者支援団体、NPO法人パンキャンジャパン(東京)の沖縄県支部が今月発足し、患者・家族や医療関係者への活動周知に動いている。支部長を務めるのは沖縄赤十字病院の看護師、島袋百代さん(49)。2年前、54歳の夫一史(かずふみ)さんを膵臓がんで亡くした経験を原動力に「治療に関わる情報不足や、悩みを共有できる場が少ない現状を変えたい」と願う。



スポンサードリンク


<毎日新聞調査>救急拠点、終末期の患者への延命中止7割(毎日新聞) - Yahoo!ニュース

調査では、救命救急センターを備える全国288(1月末現在)の病院に対し、昨年、延命治療を途中で中止したり最初から差し控えたりした取りやめのケースについてアンケートし、113病院から回答を得た。取りやめの有無を答えた73病院のうち、「ある」と返答したのは67%に当たる49病院。「ない」は24病院だが、うち10病院が取りやめを検討していた。残る40病院は「微妙な問題」などと回答を控えた。

 取りやめで亡くなった患者は計1120人(中止308人、差し控え812人)で、65歳以上の高齢者が92%を占めた。ただ、集計できずに「多数」などと答えた病院も複数あり、実際はさらに多いとみられる。取りやめた治療内容を、49病院に複数回答で聞くと、血圧を上昇させる昇圧剤の投与が8割を超え、人工呼吸や人工透析がいずれも約7割だった。疾患は末期がんや脳内出血、老衰など多岐にわたった。



私たちはこうして末期ガンから生還した!(1)手の施しようがないと宣告 | アサ芸プラス

保健師だった奥さんが持っていた“健康本”を片っ端から読み漁った。なんとか治りたい一心だった。そして出会ったのが故・安保徹新潟大学教授(当時)の著書「体を温め免疫を高めれば、病気は治る!」(宝島社、石原結實氏と共著)。免疫力を上げ、自然治癒力でガンに立ち向かってみようと決める。週に1回、安保教授の勧める療法を受けるため、県外の病院に新幹線で通院する日が続いた。

「安保先生の教えがよりどころで、先生の言うガンを治す4カ条(【1】ストレスの多い生活のパターンを見直す。【2】ガンの恐怖から逃れる。【3】免疫を抑制するような治療を受けない。受けている場合はやめる。【4】積極的に副交感神経を刺激する)を手がかりに、自分なりに治療方針を立てて、実践しました」


▼アマゾン



末期がんから生還せよ!『エビデンス』を持つ補完医療とは?!【ノウハウ】

関連記事


Tag
女性がん保険
Share

スポンサードリンク