「がんの治療」どのくらい費用がかかるの?(癌ニュース 2018/6/5 8:00)

By




スポンサードリンク


がんの治療はどのくらい進歩していて、どのくらい費用がかかるものなの?



がんの治療はどのくらい進歩していて、どのくらい費用がかかるものなの?:基礎研レター - ハフポスト

治療にかかる費用は、がんの種類、治療方法、使用する抗がん剤などによって異なります。ここでは、一例として、厚生労働省の公表データをもとに費用を見てみることにします。ひと月の平均的な費用を筆者が試算したところ、次のようになりました。

実際に、がん治療を行う場合は、まず主治医の説明をよく聞きます。その上で、治療効果、副作用、治療費等を十分に検討して、主治医とよく相談をしながら治療方法を決めていく必要があります。

がん予防には「仕組みと原因の理解」が大切だ | 健康 | 東洋経済オンライン | 経済ニュースの新基準

「『がんなんて他人事』と思っていませんか。実は、すべての人の体内に、『がんの元』があるんです」

こう話すのは、帝京大学医学部准教授の渡邊清高氏だ。東京大学医学部附属病院、国立がん研究センター勤務などを経て現職につき、特に患者とのコミュニケーションに重きを置いて診療にあたっている。

国立がん研究センターがん対策情報センター(2013年データ)によると、平均寿命が延びた今の日本では、生涯のうち何らかのがんにかかる確率は男性で62%、女性でも46%だという。男性であれば約3人に2人という、かなり高い確率でがんにかかるということになる。

がんの3大療法「75歳以上の進行がんは効果なし」の捉え方│NEWSポストセブン

がんの3大療法は「手術」「放射線治療」「抗がん剤治療」だが、高齢者にはいずれもハードルが高い。特に抗がん剤治療では、昨年4月、国立がん研究センターが「75歳以上の進行がんには効果なし」と報告した。70歳以上のがん患者約1500人を対象に抗がん剤使用の有無による効果を比べたところ、75歳以上の生存率に差がみられなかったことが根拠だ。

 抗がん剤の副作用は高齢になるほど強く出る傾向がある。医師で医療ジャーナリストの富家孝氏は、「手足のしびれや食欲低下による脱水症状で深刻な体調悪化を招きやすい」という。

【全額返金制度あり】末期がんから生還せよ!エビデンスを持つ『補完医療』ノウハウ



スポンサードリンク


前立腺がん 60歳以上で手術するとEDや排尿障害の懸念も│NEWSポストセブン

前立腺がんの手術は排尿障害や勃起障害などを起こす可能性が指摘されているため、QOL(生活の質)を考慮すれば手術の必要性は高くないとされる。北品川藤クリニック院長の石原藤樹医師がいう。

「検査で前立腺がんが見つかっても、当面の間は無治療で構わないことが多い。ただし、腫瘍マーカーで特異なたんぱく質の値であるPSA値を定期的に測定し、触診やエコー診断などの経過観察を定期的に行なうべきです」

声を残す選択をどう考えるか――頭頚部がんの名医 藤井隆医師 | がんと共に生きる。 | 文春オンライン

――喉頭がんや下咽頭がんの場合、どれぐらいの割合で残せますか。

 それは進行度によって違います。技術が進歩したおかげで、超早期の上皮内がんなら、口から入れる内視鏡の治療で切除できるようになりました。ですから、ほぼ100%声を残すことができます。

 また1期という早期の喉頭がんは、外来通院で行える放射線治療だけで、100人中約90人は声を残して治せます。残念ながら再発して治らなかった残り10人は手術が必要となりますが、再発を早く見つけることで、そのうち約8人には部分切除術が可能となり、喉頭は取らずにすみます。残る2人ぐらいは喉頭全摘が必要になる可能性があるので、最終的には100人中98人が声を残せると思います。

 がんが少し進んで声帯の上下に広がった2期も、放射線で治療できます。100人のうち約80人は放射線治療あるいは抗がん剤を併用する化学放射線療法(ケモラジ)で根治が期待できます。治らなかった残り20人のうち10人弱の方にも、喉頭部分切除ができる可能性はあるので、最終的に90人弱の方は声を残せると思います。

 喉頭内にがんの根が広がった3期になると、ケモラジで根治が期待できるのは約半数となります。手術でも声を残せる人はかなり限られます。

 なお、下咽頭がんに多いリンパ節転移をともなう進行がんでも、状況によっては、ケモラジで根治が期待できる可能性はあります。

胃がん手術成功の55歳男性が退職せざるを得なかった理由│NEWSポストセブン

胃がんの手術に成功したHさん(55)が、長年勤めた会社を辞めたのは、食事の摂り方の変化を周囲に納得してもらえなかったからだった。

「体調は悪くありませんでした。ただ、胃を切除したので、一度に『一人前の食事』を摂ることができなくなったのです。そのため、私は複数回に分けて昼食を済ませていました。上司にはその旨を説明し、了解をもらっていましたが、どうにも社内の目が気になる。ほかにも、胃がんの後遺症で“ダンピング症状”があったため、結局、退職願を書きました」

関連記事


Tag
がん治療がん費用癌ニュースがん予防進行がんがん補完医療とは胃がん前立腺がん頭頚部がん胃がんブログ
Share

スポンサードリンク