“最先端” がん治療トラブル 癌ニュース(2018/6/7 7:30)

By




スポンサードリンク


“最先端” がん治療トラブル 癌ニュース(2018/6/7 7:30)



クローズアップ現代+ “最先端”がん治療トラブル よくここまで言ってくれました 騙しの医療の撲滅へ

遺伝子治療被害者の舌癌事例が最初に流れました。国が承認してるなどのクリニックの騙しの言葉、医師との診察に置けるいい加減な会話含めて、本当クリニックとのやりとりの表示が攻めてるなと感激しました。

訴訟において非を認めたのは効率のため、自分たちは悪くない、文句を言う患者にはお金さえ払えばいいんだよというクリニックの言い訳の言葉は、このような医療を行う医療機関の信頼性をさらに落としてくれました。まして匿名だから番組に対して名誉毀損もできないしw

また標準医療との違いを番組内でもしっかり述べていました。有効な免疫治療はオプジーボだけ、“樹状細胞”やワクチン療法、“NK細胞”もダメ。そしてそれこそ遺伝子治療は有効なものは何もないと。

「笑い」が糖尿病やメタボ、がんを改善 よく笑うと健康効果が | ニュース・資料室 | 糖尿病ネットワーク

がん細胞は、ウイルスなどと同様に異物として認識されるため、通常はがん細胞を攻撃し排除する働きのある免疫細胞がある。その代表が「NK(ナチュラルキラー)細胞」だ。しかし、がん細胞を攻撃する細胞が活性化しないようにブレーキをかけたり、免疫を抑制する細胞を増加させる事によって、がん細胞は体の中で成長する。
笑いがNK(ナチュラルキラー)細胞を活性化
 2017年5~6月の計4回、漫才や落語を鑑賞した患者と、鑑賞しなかった患者のそれぞれ約30人の血液を採取して分析した。その結果、落語などを見たグループは2ヵ月で、NK細胞を活性化するタンパク質を作る能力が平均で1.3倍上昇した。NK細胞自体も、増加する傾向があった。
 また、患者の気分の変化などもアンケートし、緊張や抑うつ、疲労などの6項目全てで改善がみられ、がんの痛みについても改善があったという。
 「自己効力感」とは、何か課題が与えられた時、「自分はきっとできる」という前向きな気持ちをもつこと。笑いは自己効力感にも影響するとみられている。

1000人以上にがんを告知した医師が見た「前向きながん患者さんがしないこと」 | がんと共に生きる。 | 文春オンライン

「免疫力」を利用して、がん細胞への攻撃力を高める
──最近免疫療法が「第4の治療」といわれ、注目が高まっているのも、「気持ちを前向きに保つことでいい結果につながる」というのと似たようなことなのでしょうか。

森山 単にそういうわけでもないんです。免疫療法は、もともと体内に備わっている患者さん自身の「免疫力」を利用して、がん細胞への攻撃力を高める治療法です。今までどの治療法でも効果がなかった症状が改善したケースもあり、多くの医者が期待しています。しかし効果や副作用に関する科学的根拠はまちまちで、標準治療を上回る成績がまだ出せていないのが現状です。今はちょうど過渡期なので、まだ値段が高すぎるなどの課題も多く残っていますが、大きな可能性があることは間違いありません。世界中で研究が進んでいますので、この分野の研究は今後飛躍的に進んでいくと注目されています。



スポンサードリンク


がん発症の要因は「生活習慣」にあった!簡単にできる予防法を大公開 | マイナビニュース

「がん」は2人に1人がなる時代と言われ、決して人ごとではない病気。実は、家族性(遺伝)からがんになる可能性は全体の約5%だけだと言う。つまり、がん発症の要因は生活習慣によるものが大半。がんになる生活と、ならない生活とはどこが違うのか。

番組では、がんを発症した医師が登場。10年前に6センチの腎臓がんが見つかったという船戸崇史先生は、当時の生活は多忙のため、不規則な食生活、睡眠は12時を越えてからだったと振り返る。がんを克服するために改善した5つの点とは?


「がん保険だけ」加入、そんな保険の入り方ってあり? | マイナビニュース

治療費がかかる「がん保険」のみに入る
まず、治療が長引き、医療費がかさむ病気があることを頭に入れておかなくてはいけません。例えば、一生のうちに男性の2人に1人、女性では3人に1人の割合でかかる確率があるといわれ、私たちにとって非常に身近な病気の1つである「がん」は予想以上に医療費がかかるといわれています。


特に、がんの代表的な治療法である「抗がん剤治療」と「放射線治療」は長期にわたる通院治療を要するため、いくら高額療養費制度があるとはいっても、治療が長期になればなるほど医療費の負担は厳しくなっていきます。

がんなどの特定の病気では、公的医療保険適用外の治療もあり、別途費用が発生することも多々考えられます。がんの症状次第では、仕事もできずに収入が減少する可能性もあるでしょう。そういったことを踏まえると、医療保険には入らずとも、がん保険だけには入っておくということも一考です。

特に派遣社員やフリーランスなど、治療が長引くと収入ダウンになる可能性が高い人や貯蓄が少ない人は必要な保障といえます。がんになったとしても、お金の心配をせずに治療に専念できるのは、非常に大きなメリットです。


関連記事


Share

スポンサードリンク