警視庁が捜査にSNS活用、Twitter専用アカウント開設で証拠画像を収集

By




スポンサードリンク


警視庁が捜査にSNS活用、Twitter専用アカウント開設で証拠画像を収集

警視庁がTwitterで証拠画像を収集、SNSを積極活用する時代に

渋谷のスクランブル交差点で信号無視などをした男が逮捕されました。この事件は今年4月にニュースでも報じられ、記憶に新しいところですが、事件の捜査にあたっては、警察がSNSを積極的に活用していたことがわかったそうです。

警視庁は、現場に居合わせたり、車を目撃したと思われる人からの情報を収集するため、専用のTwitterアカウントを開設しました。









スポンサードリンク


非公開でやりとりできる“ダイレクトメッセージ機能”を用いた上で、事件について書き込んでいるユーザーに個別接触し、写真などの提供を求めたといいます。

結局、Twitterからは有力な情報は得られなかったものの、別のSNS上からの調べで容疑者特定につながったとのことです。

これについて、警視庁の幹部は「大勢の目撃者がいるような事件では事件解決のための有効な手段としてTwitterアカウントを開設し、情報提供を求めていく。事件当時に写真や動画を撮影していれば有力な証拠になる。今回の事件は第一歩だ」とコメントしたことが報じられています。

なお、スマホの総出荷台数は昨年で3735万4000台、SNSの利用率は一昨年で71.2%。スマホに搭載されたカメラ性能も向上しており、すでに防犯カメラを大きく上回っていることから、報道の場面でも一般市民が撮影した画像や映像の積極的に活用されています。

関連記事


Share

スポンサードリンク