がんの初期症状?首筋や脇の下の「しこり」(癌ニュース 2018/6/10 8:30)

By




スポンサードリンク


がんの初期症状?首筋や脇の下の「しこり」(癌ニュース 2018/6/10 8:30)



がんの初期症状? 首筋やわきの下の「しこり」の正体(All About) - Yahoo!ニュース

ただの炎症反応で腫れている場合は、炎症のピークを過ぎれば必ず小さくなっていきます。硬さは、比較的弾力性のある硬さで、外から触るとぐりぐり動くことが多いです。

逆に、大きさがだんだん大きくなっていく、弾力があまりない硬さである、そして外から触ってもあまり動かないという場合には、炎症以外の原因で腫れている場合もあり、その原因の一つとして癌も挙げられます。

古村比呂、がん細胞縮小「治療の効果は出ています」 - 芸能 : 日刊スポーツ

がんの再々発を告白し、現在治療を受けている女優の古村比呂(52)が、がん細胞が縮小していたとの検査結果を報告した。

 5月23日のブログで6回目の抗がん剤治療が開始されたことを報告し、その後は抗がん剤によって出た副作用の症状などについてつづっている古村。8日に更新したブログでは、先日受けたというCT検査の結果を報告した。

≫もっと『古村比呂さんの記事』を読む

がん対策プログラム~元ハーバード大学准教授が考案した画期的な食事法とは?~

誤って違う動脈を切断 がんセンター 医療事故で調停成立へ - 新潟日報モア

県立がんセンター新潟病院(新潟市中央区)は8日、2016年7月に同市の60代男性が左腎臓の摘出手術中に、右腎臓の動脈を誤って切断され、機能障害が残る医療事故があったと発表した。県は約2054万円の損害賠償を支払うことで男性側の同意を得ている。6月県議会に関連議案を提案し、議決後に民事調停が成立する見通し。



スポンサードリンク


がん、糖尿病、心臓病、肺炎まで“死に至る病”を引き起こす「歯周病」の恐怖 | 週刊女性PRIME [シュージョプライム] | YOUのココロ刺激する

歯周病は糖尿病や心臓病、動脈硬化から誤嚥性肺炎、早産、ED(勃起不全)にいたるまで、さまざまな病気との関連性が指摘されている。がん、認知症に影響するという研究報告も。「歯周病は全身疾患」「歯周病は万病のもと」といわれるゆえんだ。

 歯を失ったうえ、命にかかわるような病気で苦しむかもしれないとは、なんともつらすぎるではないか。

 歯周病に詳しい歯科医の若林健史先生が指摘する。

「歯周病患者は年齢とともに多くなります。しかし、治療を通じた私の実感ではもっと若いうちからかかる人も多く、成人の8割は該当するのではないかとみています。『サイレント・ディシーズ』(静かに進行する病気)と呼ばれ、気づいたときはすでに遅く40代で総入れ歯という患者さんが実際に存在するからです」

大腸がんも最初の病院選びが肝心――大腸がんの名医 奥田準二医師 | がんと共に生きる。 | 文春オンライン

――「最初から病院選びを妥協すべきでない」ということは、大腸がん手術も病院で質に差があるのですね。

 もちろんです。実際に直腸がんや進行がんでは成績に施設間格差があることを示す研究結果があります。ですから、直腸がんや進行がんと言われたら、慎重に病院選びをしたほうがいいと思います。

 直腸がんは、肛門に近いほど手術が難しくなります。直腸は骨盤の深いところにありますし、肛門や自律神経の温存を図りつつ、局所再発させないよう切除するには高度な技術が必要だからです。

関連記事


Share

スポンサードリンク