がん患者に「いいかげんにしろ」、やじの議員が謝罪

By




スポンサードリンク


がん患者に「いいかげんにしろ」、やじの議員が謝罪


国会で、受動喫煙対策を強化する健康増進法改正案の審議中に、参考人のがん患者に対し自民党の穴見陽一氏(48)が「いいかげんにしろ」などとやじを飛ばしたとされる問題が話題となっているようです。『肺がん患者にヤジ「いいかげんにしろ」 穴見議員が謝罪:朝日新聞デジタル』という記事にされています。


穴見氏は今月15日の厚労委に出席。参考人として肺がん患者が意見を述べている際、「いい加減にしろ」とヤジを飛ばした。




スポンサードリンク


穴見氏は先の発言について、21日午後「喫煙者を必要以上に差別すべきではないという思いでつぶやいた」とする謝罪のコメントを発表しました。


がん患者の立場からすれば、穴見氏の発言はちょっと気遣いが足らなかったように感じます。


ちなみに私は、がん患者の喫煙者。穴見氏がもし喫煙者なのだとすれば、同じくタバコを吸う立場からするとよく気持ちが理解できるんですよねぇ…(汗)


むしろ問題なのは、どちらか一方の立場に偏った報道のなされ方にあるのかも知れませんね。




≫もっと『タバコの記事』を読む

関連記事