糖尿病や乳がんリスクを高める「超加工食品」(癌ニュース 2018/6/25 21:00)

By




スポンサードリンク


糖尿病や乳がんリスクを高める「超加工食品」



「超加工食品」が糖尿病やがんのリスクを高める 食べ過ぎに注意 | ニュース・資料室 | 糖尿病ネットワーク


「超加工食品」を多く食べる人は、がんのリスクが高いことが、フランスの研究で明らかになっている。

 フランス国立保健医学研究所(INSERM)の研究チームは、フランス在住の10万4,980人(年齢の中央値は42.8歳)を対象に、超加工食品の摂取量と、その後5年間のがん(あらゆるがん、乳がん、前立腺がん、大腸がん)の発症状況を調べた。

 その結果、「超加工食品」の摂取は、がん全体のリスク上昇に影響することが分かった。摂取した食物の総量に占める超加工食品の量の割合が10ポイント増加するごとに、がん全体のリスクは12%増加した。

 がんの種類別に見ると、乳がんのリスクは、10ポイント増加するごとに11%増加した。特に閉経後の乳がんの増加が顕著だった。


ホウレン草とベーコンで癌!? 知っておくべき体によくない食材の組み合わせ - Peachy - ライブドアニュース


ソテーやスープなど、相性抜群のホウレン草とベーコン。しかし、栄養吸収の面で最悪なだけでなく、発がん性物質を生成してしまうことも…。ベーコンに添加物として含まれているリン酸塩は、ホウレン草の鉄分とカルシウムの吸収を妨げます。さらに、ベーコンの発色剤に使われている亜硝酸ナトリウムと、ホウレン草の硝酸は、体内で亜硝酸に変化し、「ニトロソアミン」という発がん性物質を作り出します。

だけど、ホウレン草とベーコンのソテーはおいしい…。そんな時は、ビタミンCを補うことで抑制できるので、レモンをかけてみて。


がん治療の翁長知事、沖縄県議会を欠席 「事前説明なかった」と自民反発 | 沖縄タイムス+プラス ニュース | 沖縄タイムス+プラス


謝花副知事によると、県議会が休会だった22日に検査、治療の予定だったが、病院側の都合でキャンセル。一般質問終了後の28日まで先延ばししようとしたが、治療の必要性があっため、それもできず、25日に検査、治療することが決まったという。



スポンサードリンク


(4ページ目)がんにならない献立「一週間分」 がんにならない食生活 #19 | がんと共に生きる。 | 文春オンライン


食事のような長期的な取り組みは、あまり厳格にすると長続きしません。多少の「逃げ道」を作っておくことも必要なのです。

 様々な食材、メニューを楽しみながら、現実的な範囲でがん予防を考える――。その考えの上では、「一週間」という単位は非常に便利なのです。



糖尿病もガンも認知症も…糖質制限はやっぱり人類を救う - ライブドアニュース


糖質制限をガン治療に取り入れている臨床医の古川健司先生は、実験の条件の極端さを指摘する。

「まったく糖質を与えない、というのはガン治療でおこなうレベルの話。普通の状態の生き物なら、悪いデータが出るのは当然です。

 また『週刊新潮』は、大腸ガンの権威である米ジョンズ・ホプキンス大のボーゲルシュタイン教授らが発表した『低血糖がガンを発生させる』という論文を根拠に、糖質制限を批判しています。

 しかし、糖質制限をしても、人体では糖質以外の物質からブドウ糖を作る『糖新生』が起きるので、低血糖にはなりません」

 古川先生が監修を務めた『免疫栄養ケトン食でがんに勝つレシピ』(光文社)の著者で、管理栄養士の麻生れいみ先生も、「週刊新潮」の矛盾点を指摘する。

「糖質制限反対派として登場する、Y’sサイエンスクリニック広尾の日比野佐和子統括院長が、『3年間ストイックに糖質制限を続けたら、脳梗塞になりかけた』と語っていますが、最近の女性誌に、糖質制限を上手に取り入れて理想的な食事を摂られている様子が特集されていましたよ。

 糖質制限は、“食べるダイエット”。カロリー制限とは考え方がまったく違います。またリスクや禁止事項など、正しい知識を身につけることも大切です」


関連記事


Share

スポンサードリンク