[実録] 司法書士の事件簿~私が見た戸籍偽造の真相㉒ - 最後の足掻き

By




スポンサードリンク


[実録] 司法書士の事件簿~私が見た戸籍偽造の真相㉒ - 最後の足掻き


時は2001年の10月24日。私は、司法書士Qに付き添いを命じられ、西武新宿線の井荻駅に降り立ちました。なぜかと言うと、午前10時から喫茶店で行われる「面接」に同席するためです。


今まで[実録] 司法書士の事件簿~をお読みいただいてる読者の方からは「なぜこの段で面接を!?」とお思いになるかも知れません。


まもなく司法書士Qが逮捕されるであろうことは誰の目から見ても明らかな状況です。普通であれば、早々に事務所を閉鎖するなどして“身辺整理”をするはずです。


しかし、そもそも反省などしていない司法書士Qにとってそんな事は眼中になく、自分が逮捕されても事務所を続け収益源を維持するための“最後の悪足掻き”を画策していたのです。


この記事は限定公開にしたいので有料(ブロマガ)にしていて申し訳ないのですが。



noteでも公開しています。


続きはブロマガを購入して楽しもう!
このコンテンツはブロマガ(有料)です。
購入すると続きをお楽しみいただけます。
ブロマガって何?


Share

スポンサードリンク