【CAのがん発生率】一般平均より高い傾向、癌ニュース(2018/6/28 8:00)

By




スポンサードリンク


【CAのがん発生率】一般平均より高い傾向、癌ニュース(2018/6/28 8:00)



民間機乗務員のがん発生率、一般平均より高い傾向 米研究 写真1枚 国際ニュース:AFPBB News

今回の調査に参加した客室乗務員5366人のうち、がんと診断されたことがあると回答した人は全体の15%強となった。これは、回答者の年齢を考慮に入れても、調査対象としたがんのすべての種類において客室乗務員のがん有病率が高いことを物語る結果だ。


 乳がん有病率では、一般の人の約2.3%に比べ、女性乗務員では同3.4%だった。また、子宮がんでは乗務員の0.15%に対し、一般の人が0.13%。子宮頸がんでは乗務員1.0%に対し、一般の人が0.7%。胃や大腸などの消化管がんでは乗務員0.47%に対し、一般の人が0.27%。甲状腺がんでは乗務員0.67%に対し、一般の人が0.56%だった。


つくば市:がん検診チラシの電話番号誤記 14万人に発送 /茨城 - 毎日新聞

つくば市は26日、市民延べ14万人に発送した集団がん検診の案内チラシに記載した予約受け付けの電話番号が誤っていたと発表した。


エイベックスが医療分野に参入、エンタメでがん検査の普及を目指す - 音楽ニュース : CINRA.NET

エイベックスが医療業界に参入することを発表。HIROTSUバイオサイエンスと合同会社「AVEX&HIROTSU BIO EMPOWER合同会社」を設立した。

AVEX&HIROTSU BIO EMPOWER合同会社は、主に若年層に向けたがんの検診率向上と、線虫による早期がん検査「N-NOSE」普及のための啓発活動をPRしていくもの。あわせて、小児がんの子供たちとその家族の金銭的支援、社会支援を行なうことを目的とした一般社団法人「Empower Children」も設立した。



スポンサードリンク


小児がん患者のその後に重要 「治療サマリー」って?:朝日新聞デジタル

昔は不治の病と言われていた小児がんも、医療の進歩によって7~8割が治るようになりました。しかし、成育の過程に厳しい治療を行っているため、その影響が晩期合併症として数年、数十年後と、生涯にわたって発症する可能性が潜んでいます。そのため本来、成人した後も医療的に患者を支え続ける「長期フォローアップ」が欠かせません。そんな「長期フォローアップ」の中でも根源的な課題は、患者が受けた治療の履歴を記録しておく「治療サマリー」の活用だと再認識しました。

 今回、婦人科でついた診断は、一般的に誰にでも発症し得る「線筋症」というものでした。それが小児がんの晩期合併症なのかを、まず知る必要がありました。けれども、私のカルテには「治療サマリー」がありません。婦人科の医師も過去の情報がないことには因果関係を判断しようがなく、「症例がないことを鑑みると、小児がんの晩期合併症と考えて差し支えない」という消極的な特定をせざるを得ませんでした。

 どんな晩期合併症を発症するかは、当初の治療が大きく影響しています。化学療法であれば、いつ、何の薬を、どのくらい使ったのか、放射線治療なら、どのくらいの線量を、どこに照射したのかなど、要点を押さえた治療情報が欠かせません。日本小児白血病リンパ腫研究グループ(JPLSG)長期フォローアップ委員会(以下、長期FU委員会)によって作成された、患者の治療情報を記す共通様式「治療サマリー」が公開されて10年が経とうとしています。それにもかかわらず、なかなか定着していない現状があるのです。


肺がん治療に使える薬が患者ごとに違う理由 | 健康 | 東洋経済オンライン | 経済ニュースの新基準

オプジーボは、他の抗がん剤治療で効果がなくなった場合に2次療法として選択される。他方、キイトルーダは、最初の抗がん剤治療薬として使用でき、コンパニオン診断によって投薬の効果が高いと予測できたがん患者のみが対象となる。

関連記事


Share

スポンサードリンク