「がん、奇跡の⽣還」を医者は信じるか?癌ニュース(2018/6/29 18:30)

By




スポンサードリンク


医者は「がん、奇跡の⽣還」を信じるか?



医者は「がん、奇跡の⽣還」を信じるか?:日経ビジネスオンライン

がんからの奇跡の生還。こういったものを、現場の医者はどう見ているのでしょうか。

 私はがんの専門ですから、数多くのがん患者さんにお会いしてきました。その中には、まれですが医者にも信じられないような良い経過をたどった方もいます。

 医者がそういう患者さんに会った時、考えることは2つ。

1.チャンピオンケース
2.誤診

 このお話は、できることならしたくありません。「なんて冷酷なんだ」と思われるかもしれないですし、患者さんの方の希望を奪うことになるかもしれないからです。しかし、感じたことを正直に書きたいと思います。

 もしこれをお読みの方で、現在闘病中の方やそのご家族などは、不快に感じる情報が含まれている可能性があります。本記事はあくまで医者である私がどう感じているか、そして「奇跡的に治る」頻度はどのくらいかを示しているものです。


※記事を全文読むには、無料会員登録が必要です。

タバコを吸う人は要注意 頭頸部がん手術の現在 | がんと共に生きる。 | 文春オンライン

頭頸部がんの患者数は他のがんに比べて多くない。国立がん研究センターが公表したデータによると、2016年の罹患者数は、口腔・咽頭がんが2万1700人、喉頭がんが5000人と予測されている。罹患者数1位の大腸がん(14万7200人)に比べると、口腔・咽頭がんと喉頭がんを合わせても約6分の1だ。

 だが、忌野清志郎さん(故人・喉頭がん)、坂本龍一さん(中咽頭がん)、つんく♂さん(喉頭がん)と、頭頸部がんにかかる有名人が相次ぎ、ファンに大きな衝撃を与えた。決して他人事の病気ではないと言えるだろう。

 とくに注意してほしいのが、タバコを吸う人だ。声帯のある喉頭は空気の通り道なので、タバコの影響をもろに受けるのだ。喉頭がんになった人の97%が喫煙者だとされている。タバコを吸う人にはぜひ、禁煙をおすすめしたい。


【知っ得News】前立腺がん手術後の重い尿漏れ 医療器具埋め込み暮らし改善(1/2ページ) - 産経ニュース

男性特有の前立腺がんの手術後に重い尿失禁で苦しむ患者に対し、専用器具を患部に埋め込むことで改善する治療法が効果を上げている。不自由な生活を強いられている患者にとって、明るい光となりそうだ。



スポンサードリンク


埼玉県立がんセンターで医療事故か、60代女性が死亡 TBS NEWS

25日、埼玉県伊奈町にある県立がんセンターで抗がん剤治療を受けるための処置を受けていた県内に住む60代の女性が死亡しました。県によりますと、病院側は、女性の身体にカテーテルと呼ばれる管を入れて血液を採取する処置を行っていたということですが、血圧が下がるなどし、処置のおよそ3時間後に死亡したということです。


がんを「告知」された時にすべき3つの質問 - 日経トレンディネット

がんの告知という、恐らく人生最大級のショックを受けた時。訳が分からなくなってしまうのは、とてもよく分かります。しかし、医者は検査や治療のスケジュールを決めていかねばなりません。そこで、がんと告知された時に皆さんが、どんなに頭が真っ白になっても、医者に対してしておくべき質問をまとめました。最低限、次の3つだけは聞いておきましょう。

●がんの治療は慣れているか(1年で何人くらい担当しているか)

●どんな予定で検査や治療を進めるつもりか

●私・家族にできることは何か

関連記事