糖尿病と痩せ過ぎが危険「がんのリスク調査」癌ニュース(2018/6/30 9:30)

By




スポンサードリンク


糖尿病のインスリン注射



相次ぐがんのリスク調査 日本人は糖尿病と痩せ過ぎが危険|日刊ゲンダイヘルスケア

糖尿病の人とその予備群はそれぞれ約1000万人に上ります。そういう人は、血糖値を下げるインスリンが分泌されにくかったり、インスリンが効きにくかったりする「インスリン抵抗性」が背景にあるのです。

 インスリンはがん細胞の増殖を促す作用があって、インスリン抵抗性で血中にインスリンがたくさんある状態が続くと、がんのリスクが高くなると考えられます。


がん見落とし、「あらゆる病院で起こりうる」 : 社会 : 読売新聞(YOMIURI ONLINE)

荏原病院(東京)の放射線科医・井田正博氏が29日、BS日テレの「深層NEWS」に出演し、がんの見落としが全国の大学病院などで相次いでいる問題について解説した。


(6)放射線治療 副作用で食事にも支障:舌はないけど:中日新聞

放射線治療の後半には、胃ろうで入れた栄養剤も吐いてしまうほどで、体重が一気に減りました。移植した皮弁も治療の影響で縮んでしまい、話す力、のみ込む力の回復に大きな支障になりました。

 いくら頑張っても、たった三十ミリリットルの流動食を食べることができない。食事の時間が苦痛でした。「ここであきらめたら、きっともう食べられなくなる」と分かっていても、どうしようもない不安で押しつぶされそうになりました。毎週、お見舞いに来てくれる親友に泣きながらつらさを訴え、励ましてもらったことが、心の支えになりました。



スポンサードリンク


市川海老蔵、故・小林麻央さん“ブログ書籍化断念”に見え隠れする「批判の声」|日刊サイゾー

「ここで海老蔵さんが示す“逆風”とは、亡くした妻でひと儲け、ふた儲けするな、という批判の声を指しているのだと思う」とは、事情を知る芸能関係者。

「実際、彼女や海老蔵さんがつづったブログで、相当な収入があるという報道もあった。実際、治療には多額の費用がかかるのは知られていますし、かといって2人は芸能人なので、一般の人とは違う面での苦労は計り知れない。そもそも、海老蔵さん側は金回りがあまりよくないという話もあったし、そうしたことを踏まえての逆風があまりに強いということなのでは」


切除後に始まる戦い がん体験者が講演 | 小田原 | タウンニュース

2度の再発体験を語ったアフラック生命保険(株)の吉田一城さんは、「手術で切除したらおしまいではなく、そこから戦いが始まる。5年、10年と不安をひきずらなければいけない」とがんの怖さを語った。また、「自分がいない方が良いのでは」と闘病中にネガティブ思考になりがちだったとし、「家族など理解者の存在は心強い」と話した。

ここで一言。『家族など理解者の存在』は本当に大切なことだと思います。私の場合、身内といえば元犯罪者の兄「悪徳先生」のみ。何かにつけて「もう手術は終わったのだから」と連呼。会話になりません。さらに、何かをお願いすれば金品を要求されます。かなり辛い切除後の生活を強いられています。

関連記事


Tag
糖尿病がんリスク放射線治療副作用
Share

スポンサードリンク