【がん闘病中】古村比呂が舞台降板を発表、治療延期のため出演不可能

By




スポンサードリンク


古村比呂オフィシャルブログ


がん闘病中の古村比呂が舞台降板を発表、治療延期のため


がんの闘病中で、女優の古村比呂さん(52)が30日、自身のブログ「古村比呂オフィシャルブログ」を更新しました。


記事の中では、8月5日に出演予定だった舞台「この子たちの夏 1945・ヒロシマ ナガサキ」を降板すると発表。なお、代役は根岸季衣さん(64)が務めるといい、古村さんはファンに対しお詫びと報告をしています。



スポンサードリンク


更新されたブログの内容


古村さんはブログの中で降板する舞台について次のようにつづっています。


まず、舞台を降板する理由を「病気治療延期のため出演することが不可能となりました」とした古村さんは「代わりは 根岸季衣さんが引き受けて下さいました。本当にありがとうございます」と報告。


その上で「お客様にはご迷惑 ご心配をおかけし大変申し訳ございません。お詫びとともにご報告とさせて頂きます」と、お詫びの言葉で結びました。


古村さんは46歳で初期の子宮頸がんが発覚。2012年には子宮を全摘出しています。しかし、昨年3月に再発し、11月末に肺とリンパ節へ転移。今年1月には再々発したことと抗がん剤治療をはじめたことを公表していました。


今は仕事のことを思い悩んだり考えたりせずに治療に専念してほしいですね。


≫もっと『古村比呂さんの記事』を読む

関連記事


Tag
古村比呂
Share

スポンサードリンク