【がんリスク】を高める大きな原因は肉と砂糖?癌ニュース(2018/7/1 9:00)

By




スポンサードリンク


【がんリスク】を高める大きな原因は肉と砂糖?癌ニュース(2018/7/1 9:00)



肉と砂糖はがんリスクを高める大きな原因 - Sputnik 日本

大腸がんや胃がんリスクを高める食品は加工肉だ。

メーカーは発がん性物質を用いて消費期限を伸ばし、味を良くしようとしている。

世界保健機関(WHO)は、1日50グラムの加工肉(ベーコン2枚分)でも大腸がんリスクを18%高めると報告している。


ガンリスクを高めてしまう意外と身近な病気 - Sputnik 日本

研究者らは1993年から2013年の20年間のおよそ4万9千人の患者のカルテを調べた。その結果、2型糖尿病患者には膵臓ガンが見つかる確率が2.3倍多いことがわかった。しかもこの際、ガンが見つかる確率が高いのは糖尿病に罹患した最初の段階だった。



座りすぎ、がんリスク増や疲労感の高まりに関連…1日11時間以上で総死亡率1.4倍 | ビジネスジャーナル

さらに深刻なのは、座りすぎによる健康リスクだろう。驚くべき研究結果が報告されている。

「アメリカのSeguinらが2014年に米国予防医学会誌に発表した研究では、10万人弱の女性を12年間にわたって追跡調査しているのですが、総座位時間が1日8~11時間の人は、4時間未満の人に比べてがんのリスクが1.2倍も高いことがわかっています。実際、座りすぎは子宮内膜がん、結腸がん、乳がん、肺がんなどのリスクと関連性があることが明らかになっています」



スポンサードリンク


コーヒー摂取の習慣 がんの死亡リスクとは関係がないとの研究も - ライブドアニュース

国立がん研究センターが行った、約9万人の日本人を対象にした1990~2011年までの追跡研究では、コーヒーと健康の関連を調査しています。その結果、心臓系の病気の死亡リスクは、1日3~4杯のコーヒーを飲む人は、ほとんど飲まない人に比べて36%低いこと、脳血管系の病気のリスクは36%、呼吸器系の病気の死亡リスクは40%低いということがわかった一方で、がんの死亡リスクとは関係がないこともわかっています。またこの他にも、認知症や、糖尿病、虫歯などにも効果があるのではないかという研究結果も報告されています。

「コーヒー摂取の習慣が健康にいいか悪いかは、世界各国で調査が行われ、その結果はバラバラなのですが、今回の調査は日本人が対象になっているので、心臓、脳血管、呼吸器に関しては期待してもいいと思います。糖尿病予防の研究では、紅茶とコーヒーが比較され、コーヒーのほうがいいという結果が出ています。


「アブラナ科野菜」で糖尿病改善 心疾患・脳卒中・がんリスクが低下 | ニュース・資料室 | 糖尿病ネットワーク

がん、心疾患、脳血管疾患の死亡リスクが低下

 さらに、アブラナ科野菜の摂取と疾患別の死亡との関連を調べたところ、男性では摂取量がもっとも多いグループで、死亡リスクはがんが16%低下した。有意差は出なかったものの、心疾患でも17%、脳血管疾患では11%、死亡リスクがそれぞれ低下した。
 女性では、アブラナ科野菜摂取量がもっとも多いグループで、死亡リスクは心疾患が27%、外因が40%、それぞれ低下した。有意差は出なかったものの、脳血管疾患でも22%低下した。
 個別のアブラナ科野菜と全死亡リスクの関連についても調べてみたところ、男性ではブロッコリー、たくあん摂取量がもっとも多いグループで、女性ではダイコン、ブロッコリー摂取量がもっとも多いグループで死亡リスクが減少した。


関連記事


Tag
がんリスク糖尿病改善アブラナ科野菜
Share

スポンサードリンク