高橋大輔、フィギュアスケートの現役復帰を発表

By




スポンサードリンク


「フィギュアスケート」高橋大輔 Plus [DVD]


フィギュアスケート男子の高橋大輔さん(32)が1日、引退していた競技会の出場から約4年振りとなる“現役復帰”を発表しました。


2010年のバンクーバー五輪で日本男子として初めての表彰台となる銅メダルを獲得した名スケーターの復帰に、ファンからは激励の声が上がっています。


突然の発表でしたが、復帰を決めた“理由”について高橋さんは、オフィシャルウェブページ上で“髙橋大輔からご報告”と題し、次のとおりつづりました。


「2017年の全日本フィギュアスケート選手権にテレビの仕事でナビゲーターとして立ち合いました。それぞれの立場、それぞれの目標を持って戦う選手たちの姿を見て感動し、『この緊張感の中で戦いたい、滑りたい』と思うようになりました。」



スポンサードリンク


高橋さんの競技会での演技は2014年ソチ五輪が最後となりました。その後の世界選手権には怪我のため出場が叶わず、同年10月14日に現役を引退しています。


その後は、プロスケーターとしてアイスショーに参加するなどして活躍していました。


これまでの4年の月日の中で高橋さんは「本当にスケートに向き合っていきたいと考えるようになりました。」と、スケートへの熱い思いを吐露。


そして、その答えが『現役復帰』だったといいます。


「4年間のブランクを取り戻すのは想像以上に難しいと思いますが、もう一度、体をいじめ、鍛え直し、引退前に感じることができなかった『やり切った』と思える演技をしたいと思っています。」


ボクは、今回の発表を聞いた瞬間、1994年のリレハンメル五輪で競技会に復帰したフィギュアスケート女子のカタリナ・ヴィットさんのことを思い出した。


残念ながら、成績のほうは7位入賞に留まる結果でした。しかし、「花はどこへ行った」の曲に乗せながら、円熟味を増したカタリナ・ヴィットさんの思いのこもった演技は、観ていてグッと来るものがありました。



今後、高橋さんがどんな演技を披露してくれるのかとても楽しみですね。また、絶対王者の羽生結弦選手との戦いも見どころになりそうです。


関連記事


Tag
高橋大輔フィギュアスケート現役復帰発表
Share

スポンサードリンク