がんと診断されてからの【お役立ち情報】 癌ニュース(2018/7/2 8:00)

By




スポンサードリンク


がんと診断されてからの【お役立ち情報】 癌ニュース(2018/7/2 8:00)



がんと診断されたからのお役立ち情報 – がん情報サイト「オンコロ」

がんと診断を受けてから、治療中含めて医療情報以外で重要情報を紹介しています。



副作用が新たに見つかった有名薬、54種類全実名リスト│NEWSポストセブン

発売後に薬を処方した患者に副作用が出たら、その薬を製造した製薬会社や医師などが厚労省所管のPMDA(独立行政法人医薬品医療機器総合機構)に報告する。ここが医薬品と副作用の因果関係などを精査し、製薬会社への照会などを経て、厚労省が「医薬品添付文書の改訂」を製薬会社に指示する。だがこの情報がなかなか患者に届かないことが問題視されている。


(2ページ目)1000人以上にがんを告知した医師も「セカンドオピニオンをすすめます」 | がんと共に生きる。 | 文春オンライン

治療の信頼性は「ピラミッド」構造

──セカンドオピニオンを受ける時に気をつけることはありますか?

森山 専門分野の医師の意見を聞くこと、それとできるだけ公平な意見を述べてくれるところを選ぶことです。がんの場合は、原則として各都道府県に1カ所、都道府県内で中心的役割を果たすよう厚生労働大臣が指定した「がん診療連携拠点病院」があります。よく、名医と言われる医師や、その病気の権威といわれる医師に診てもらっているからセカンドオピニオンは必要ないという方がいらっしゃいますが、私はそういう方こそセカンドオピニオンを受けた方がいいと思っています。

──名医や権威ある医師が主治医なら、セカンドオピニオンは必要ないのでは?

森山 治療の信頼性って、ピラミッドのようになっているんです。一番上がデータに基づいた科学的根拠で、一番下がクチコミや噂。そして真ん中が実は「権威」なんです。いくらその分野の権威でも、ある程度年齢がいっていると、医学的に遅れている場合もあります。たとえば政治家の言うことが必ずしも正しいわけではないでしょ? あれと同じなんですよ。

 それにセカンドオピニオンの外来をやっている医師は常に勉強していますから、最新のデータもしっかりふまえて診察してくれます。そういう医師に意見を聞くことは、とても意義があると私は思っています。



スポンサードリンク


(2ページ目)小林麻央さん闘病で取り沙汰された「代替療法」 悪質性の見極めとケアについて - wezzy|ウェジー

「遺伝子治療」「樹状細胞ワクチン」「NK細胞」……近年がん治療について耳慣れない用語が“最先端治療”であるとしてネットや雑誌に飛び交っているが、大野准教授は「遺伝子治療で標準治療とされているものはありません」「免疫療法では、『オプジーボ』で知られる『免疫チェックポイント阻害剤』など標準治療として推奨されているものもありますが、それ以外、例えば『樹状細胞ワクチン』や『NK細胞』を使った治療法は、十分に有効性が確認されていません」と断言した。

 大野准教授は治療法選択の目安として、(1)エビデンス(科学的根拠)が十分にあるかどうか(国立がん研究センターのページでエビデンスの有無を確認する。なければ少し怪しい)、(2)費用が高額過ぎないか(高額な場合は少し疑ったほうがいい)、そして重要ポイントとして(3)標準治療を否定していないか(否定している場合、かなり危険なケースがあるのではないか)を挙げた。


≪癌≫医者嫌いの私の父も実践済ガン治療に効果的な食事法


出版:がんで悩む親へ本 子どもへの伝え方など解説 医療ソーシャルワーカー・大沢さん /東京 - 毎日新聞

著書では、自分ががんになったとき、どのように幼い子どもと向き合ったらいいかを解説。子どもへの具体的な伝え方や「がんってことは、死んじゃうの?」と子どもに聞かれた時に、実際に患者がどう答えたかの具体例も示した。大沢さんは「大切なのは自分のペースを守って無理をしないこと。どの選択も間違いではない」と話している。

関連記事


Tag
がんと診断されてからお役立ち情報オプジーボ副作用セカンドオピニオンがん代替療法
Share

スポンサードリンク