【喉頭がん】忌野清志郎、つんく♂それぞれの選択(癌ニュース 2018/7/4 8:00)

By




スポンサードリンク


忌野清志郎1951−2009
忌野清志郎1951−2009



忌野清志郎さんとつんく♂さんを襲った喉頭がん それぞれの選択 | がんと共に生きる。 | 文春オンライン

闘病中の詳しい様子は公表されていないが、報道などによると、06年7月に喉頭がんと診断された清志郎さんは、手術をすると声を出せなくなることから、最初は化学放射線療法を選択したようだ。

 だが、この治療を続けると唾液が出づらくなり、歌いにくくなる可能性があるため、これを途中で拒絶して、玄米菜食などの代替療法に切り替えたとされている。

 そして武道館での完全復活祭を迎えるのだが、その5ヵ月後には左の腰骨に転移が見つかり、活動中止を余儀なくされた。転移が治療中止の影響かどうかはわからない。清志郎さん本人が、それをどう受け止めたのかも不明だ。

 だが、清志郎さんが「歌」を選び、武道館で劇的な復活を遂げたことは確かだ。その姿は、強烈にファンの心に刻み込まれた。まさに、ロックな生き様だった。


【がん電話相談から】胃がん術後、腹膜播種で再発疑い(1/2ページ) - 産経ニュース

Q 52歳の妻は10カ月前、スキルス胃がんIIIC期で手術しました。術後補助化学療法でゼロックス療法を行いましたが、肝機能障害のため1回で中止。TS-1単独治療を始めました。4カ月前、CT(コンピューター断層撮影)検査で少量の腹水があり、腫瘍マーカーが上昇、腹膜に再発の可能性があると言われました。このままTS-1内服のみの治療でいいでしょうか。抗がん剤の腹腔(ふくくう)内投与は適応になりませんか。


食道がん治療に新手法 県内初導入 福島医大 | 県内ニュース | 福島民報

福島医大付属病院の内視鏡診療部は、放射線治療後に食道がんが残ったり、再発したりした患者らを対象に特殊なレーザー光を照射して腫瘍を壊死(えし)させる治療法を県内で初めて導入し、成果を挙げている。東北では東北大病院と秋田大病院に続いて三施設目となる。
 「光線力学的療法(PDT)」と呼ばれ、腫瘍組織に集まり、光に反応する性質を持つ物質を患者に注射する。



スポンサードリンク


「麻央さんとは違う」車椅子シングルマザーの在宅がん治療という現実 | BUSINESS INSIDER JAPAN

元CM制作プロデューサー、現在は乳がんの骨転移による下半身麻痺で在宅療養中の久野美穂さん(37)は、がん闘病中の人や家族が集う場で出会ったのを機に、私が取材を続けてきた女性だ。歌舞伎俳優の市川海老蔵さんの妻でフリーアナウンサーの小林麻央さんと同じ30代で、「ステージ4」(がんの進行度による分類で、もっとも進んだ段階)の乳がんを抱えながら子育てしていたところも一緒。麻央さんが生前綴っていたブログを読んでいた彼女は、「子どもの前では母親でいなければと麻央さんが奮起する姿は、自分と重ねて見ていました」。

一方で、「庶民とは違う麻央さんの闘病生活がスタンダードと思われたら……」と違和感も感じたという。2年前に離婚してひとり親になった美穂さんは、病魔と闘いながらも子を養うために働き続けてきた。だが、昨年には会社から解雇され、間もなく失業保険の受給期間も切れる。そんな彼女が遭遇した、「年齢の壁」や障害福祉と子育て支援制度の「エアポケット」とは?


≫『小林麻央さんの記事』を読む


【大腸がん治療最前線】「腹腔鏡・内視鏡合同胃局所切除」の応用 小さく切って治す時代 消えた「臓器取ればよい」の考え方 (2/2ページ) - zakzak

早期がんで大腸を大きく切除しても、術後のQOL(生活の質)にあまり影響はないといわれるが、中には、手術後の合併症で腸の動きが悪くなる人もいる。福長副部長は、そのようなリスクを回避すべく、内視鏡診療部の斎藤彰一下部消化管内視鏡部長らとタッグを組み、早期の大腸がんに対するLECSを2011年から行っている。

 「がんの根治では、大きく臓器を切除する方が安全との考え方があります。でも、排便などで苦労されることを思えば、なるべく残せる臓器は残した方がいい。ただ臓器を取ればよい、という考え方の時代は、最新の技術を駆使することにより終わっています」

関連記事