【iOS11】使用していないアプリを「Appを取り除く」で削除する方法

By




スポンサードリンク


【iOS11】使用していないアプリを「Appを取り除く」で削除する方法


「使用していないアプリ」自動と個別で削除が選べるようになりました


「iOS10」までは、使用していないアプリが端末内にあっても自動的には削除などされず、データの整理のためにアプリを削除するには、ユーザー自身で消すアプリを手動で探してそれを削除する必要がありましたよね。


しかし、「iOS11」になってからは、使用頻度の低いアプリを削除する設定『非使用のAppを取り除く』機能が追加されました。これにより、長期間使用していないアプリを自動的に削除し、ストレージの空き容量を増やすことが可能となりました。


よって、今後Appを取り除くには『自動で削除する設定』と、『ユーザー自身が個別に削除したいアプリを選ぶ設定』の、2通りの方法が選べることになります。



スポンサードリンク


「Appを取り除く」設定を手動でアプリ個別に行う方法


手順の流れ



① 「設定」→「一般」

※ホーム画面から「設定」を起動し、「一般」をタップします。

② 「iPhoneストレージ」

※「iPhoneストレージ」をタップします。

これは、「iCloud」→「iCloudストレージ」の項目とは異なり、クラウド上ではなくiPhone内のデータを指します。

③取り除くアプリをタップ

※おすすめの項目には、非使用のAppをまとめて取り除く選択項目と、iPhone内の使用データ容量に応じてiTunesのビデオを整理したり、古いメッセージやメールの整理を促すメッセージが表示されます。必要に応じて選択します。

なお、『非使用のAppを取り除く』項目の使用をタップすると、自動的に取り除くで削除するようになります。

④「Appを取り除く」

※選んだアプリの詳細情報が表示されます。「Appのサイズ」はアプリ自体の容量、「書類とデータ」は追加ダウンロードしたデータやセーブファイルなどです。

そして、「Appを取り除く」をタップすると、セーブデータは削除せずに、アプリ本体だけを削除してストレージの空き容量を増やせます。

※「Appを削除」は、セーブデータ、アプリ本体のデータすべてを削除する設定ですから、操作後は取り消しができなくなるため要注意です。重要なデータが含まれる場合はバックアップをとる、データを別の場所へ移動するなどの作業を先に行う必要があります。

⑤ 再度「Appを取り除く」

※「Appを取り除く」をタップすると、再度確認メッセージが表示されます。「キャンセル」をタップすると操作を取り消し、これまで通り利用できます。「Appを取り除く」をタップするとアプリ本体の削除が開始されます。

※なお、手動または自動の方法により「Appを取り除く」機能で削除したアプリでは、「Appを再インストール」の項目が表示されます。この項目をタップすることで、保持しておいたセーブデータとともにアプリが復活します。


関連記事


Tag
iPhone便利ワザiOS11機能使用していないアプリを削除する方法Appを取り除く
Share

スポンサードリンク