【ブログ】川村りか、がん治療中「ステロイド」の副作用でむくみ報告

By




スポンサードリンク


川村りかオフィシャルブログ Powered by Ameba
川村りかオフィシャルブログ Powered by Ameba


子宮頸部腺がんを発症し、リンパ節への転移も公表したタレントの川村りかさん。6月28日には追加の抗がん剤放射線などを含めた治療をすべて終えたことを報告しました。


さらに、2日に更新したブログで『54%』と題し、身体の回復について報告。回復度は「54%くらい」としつつ、動きたくてウズウズしていることを明かしました。


川村さんは5回目の抗がん剤の後から、吐き気やだるさが辛すぎたため「ステロイド」を処方してもらっているといいます。


ステロイドについて、「効果はとても凄くて、今までの半分くらいの辛さでおさまった」と報告したものの、その一方では副作用として、顔や体がむくんでいるとも告白しました。


「顔のむくみ。。。ぷくぷくプクプク 体のお肉もぷくぷくプクプク」「病気して痩せたーなんてもう言ってられないです」とコメントを添え、自撮り写真を公開しています。



スポンサードリンク


さらに川村さんは、そのせいかどうかは不明とした上で、トイレ時に活用している桶が壊れたと明かし、「“桶”も頑張り抜きましたが、静脈もがんばりました。」として、腕の写真も公開しました。


もともと血管が細かったという川村さん。薬の影響でさらにどんどん細くなり、点滴の針も入りづらくなっていたのだといいます。


「点滴 3回入らず、4回目で。」「頑張ったよー静脈さん。」と、川村さんは自身の静脈にねぎらいの声をかけ、「これから戦いにいく癌友さん。大丈夫。大丈夫ですよ。えいえいおーーーー!!!」と力強くつづりました。


今回のブログ記事に対して読者からのコメントには「治療ほんとにお疲れ様でした!私も放射線のときお尻を桶にお世話になったりしてましたよ?!!桶もしっかり役割を果たしたんですね!!ゆっくりゆっくり焦らず回復して、楽しいこれからをお過ごしくださいね!!」「頑張れ!!」「えいえいおー」などといったエールが寄せられています。


≫もっと『川村りかさんの記事』を読む

関連記事


Tag
川村りかブログ子宮頸部腺がん抗がん剤放射線ステロイド
Share

スポンサードリンク