血液型・胃がんはA型、すい臓がんはB型がリスク大!? 癌ニュース(2018/7/7 22:00)

By




スポンサードリンク


胃がんはA型、すい臓がんはB型、失血死はO型がリスク大!? 血液型と病気の関係



胃がんはA型、すい臓がんはB型、失血死はO型がリスク大!? 血液型と病気の関係 | 週刊女性PRIME [シュージョプライム] | YOUのココロ刺激する

血液型に関する多数の論文に目を通し、分析や研究を行っているのが、長浜バイオ大学の永田宏教授。

「病気との関連でいうと、“A型が多いかな”と感じる論文は多いんですが、まだ断言できる段階ではないですね」

 がんと血液型に関するさまざまな論文の中で、関連性が科学的に証明されているのは、すい臓がんと胃がんだけ。

「'09年にアメリカの国立がん研究所が“血液型によってすい臓がんにかかるリスクが異なる”と発表しています」

 10万7000人を対象に、平均8・6年間にわたる大規模調査を行ったところ、血液型によって明確に差が出た。

「最もすい臓がんになりやすいのはB型で、なりにくいのはO型。O型のリスクを1としたとき、B型は1・72倍、AB型は1・51倍、A型は1・32倍、がんにかかりやすかった。この報告をきっかけに世界中で確認のための研究が行われ、これを支持する結果が続々と発表されています」


コステロさん、がん手術 英人気ミュージシャン|全国のニュース|Web東奥

英人気ミュージシャン、エルビス・コステロさん(63)が6日、がんの悪性腫瘍の除去手術を受けていたことを明らかにした。術後にツアーを始めていたが、体力回復に時間がかかるとして欧州各地の公演をキャンセルすると発表した。


【大腸がん治療最前線】抗がん剤の進化で「できない手術」も可能に 効果的な治療でステージ4の人の予後改善も (2/2ページ) - zakzak

大腸がんは薬の進展で、転移・再発した場合でも、肺や肝臓の大腸がんを手術で切除することが可能になっている。不思議なことに、大腸がんは別の臓器に転移しても、その部分を手術で取ることを繰り返すうちに、転移した大腸がんが消えてしまうようなことが起こる。

 効果的な治療を駆使すれば、ステージ4の人の予後改善が可能なのだ。骨盤内に広がった大腸がんも、薬によって封じ込めた上で手術を行うなど、克服する道が開き始めている。



スポンサードリンク


26歳・元SKE、乳がん手術公表に踏み切った友の一言:朝日新聞デジタル

4月初旬、全摘手術を受けました。仕事に復帰する時、公表についてすごく悩みました。胸を半分失った。そのことを面識のない人にまで伝えることに、強い抵抗感がありました。

 でも、リンパ転移があったので、抗がん剤治療は不可避でした。病気を伏せたら、あらぬ誤解を招いたり、自分の気持ちをありのまま伝えられなくなったりする。それではファンも大事にできないし、自分らしくいられない……。悩んでいるとき、友人が「胸が片方なくても、あなたはあなた。価値は少しも減らないよ」て言ってくれて。理解者がたくさんいたので、偏見にさらされるリスクも覚悟で公表に踏み切りました。

 想像をはるかに超えて「すごい勇気ある決断」だと、多くの人からエールを頂きました。治療も、これからの人生も頑張ろうと思えた。誰かの役に立ちたいという気持ちも強くなりました。

 公表後、実は母が、姉が、友人が……と私に打ち明けてくれる人が多いです。経験者でない人に伝えるのは本当に難しい。だから人は病を伏せる。だけど、病気と闘っていると孤独になりがち。公表は強制されるものではないけれど、伝えやすい空気がある方がいいと思います。周囲が「ひとりじゃない」とサインを送れる社会だといいと思います。


がん治療のあらたな選択肢「プレシジョンメディスン」や「幹細胞培養上清液」による修復医療を導入した専門クリニックが江戸川区に 『江戸川プラスクリニック』が6月18日新規開設 - SankeiBiz(サンケイビズ)

【プレシジョンメディスンについて】
2015年に米国のオバマ大統領が一般教書演説でプレシジョンメディスンの推進に触れ世界的に注目されました。患者のがん組織を採取して、遺伝子の塩基配列を高速に読み出せる装置・次世代シーケンサーで遺伝子情報を解析し、遺伝子変異のタイプを特定。その情報をもとに、適合する分子標的薬を投与するという、個々の患者に適合させたオーダーメイドの治療です。当クリニックは、遺伝子検査は行わず、自由診療にてプレシジョンメディスンの治療に特化しています。

 【免疫療法について】
免疫療法ではニボルマブなどの免疫チェックポイン阻害薬を中心に治療を行います。
このほか、免疫細胞の一つである樹状細胞の働きを活かし、がん細胞を狙い撃ちして治療する樹状細胞ワクチンの投与や、がん細胞を攻撃するリンパ球の一種であるNK細胞を採取活性化し治療に活用するNK細胞療法、体外で自分の免疫細胞とがん細胞を融合させ、ワクチンとして治療に用いるフュージョン細胞療法などの治療も行います。

関連記事


Tag
胃がんブログすい臓がん乳がん大腸がん癌ニュースまとめ
Share

スポンサードリンク