末期がんの下塚誠さん死去「マッハバロン」人気特撮ドラマで活躍

By




スポンサードリンク


スーパーロボットマッハバロンVol.3 (DVD)


人気特撮ドラマスーパーロボット マッハバロン」(1974年)などで知られる俳優下塚誠さん(64)が7日に末期がんで死去しました。8日、所属事務所の発表で明らかにされました。


所属事務所によると、2015年秋に咽頭がんを発症した下塚さんはその後、手術をしたものの翌年には肺に転移。下塚さん自身も、16年に末期の肺がんを患っていることを告白していました。


その後、自宅でがんの闘病を続けながら、経営する洋風居酒屋「レモンタイム」の店先に自ら立ち、接客をしていたそうです。


がん発症後も、体調と相談しながらイベントやドラマに出演した下塚さんでしたが、今年の春頃から体調が悪化したといいます。亡くなる数日前に都内の病院に入院して、7日に息を引き取りました。


下塚誠さんのプロフィール


  • 下塚誠
  • しもつか まこと
  • 俳優
  • 下塚 誠は、日本の俳優。下塚 諒での活動歴もあり。本名、下塚 一二。 兵庫県神戸市出身。兵庫県立鈴蘭台高等学校、放送大学卒業。有限会社アイコンティネンスに所属していた。 ウィキペディア
  • 生年月日: 1953年9月5日 (年齢 64歳)
  • 生まれ: 兵庫県 神戸市
  • 学歴: 放送大学
  • 書籍: 神の選択: 終末への序曲




スポンサードリンク


下塚さんは東京新社タレント養成所の1期生で、74年に日本テレビ「スーパーロボット マッハバロン」の主役に抜擢され、本格デビューを果たしました。


その後も、NHK銀河テレビ小説「昭和の青春シリーズ4 早春の光」、フジテレビ「銭形平次」などに出演し、活躍しました。


16年6月、千葉テレビで放映された「越後怪談」シリーズのストーリーテラーが、下塚さんが俳優として最後の仕事となりました。


謹んでご冥福をお祈りいたします。


関連記事