EXILEグループ中尾翔太さん(22)死因に「スキルス胃がん」憶測広まる

By




スポンサードリンク


EXILE TRIBEに属するパフォーマー集団、FANTASTICSのメンバー中尾翔太さんが6日、まだ22歳の若さで「胃がん」のために亡くなったと衝撃のニュースが報じられました。


FANTASTICS中尾翔太


中尾さんは、胃がん治療に専念するため今年3月からの活動休止を公表していました。それからわずか4カ月後の訃報に、多くのファンや関係者が悲しみに包まれました。


中尾さんの胃がんの種類や詳しい病状については、ほとんど公表されていません。しかし、ネット上では「中尾さんはスキルス胃がんだったのではないか?」との憶測が広まってきているようです。


なぜなら、胃がんの公表後にアップされた中尾さんの写真からは、「激やせ」の様子が見てとれたからです。


そこから窺えるがんの進行の早さには、診断された時点ですでに「転移」していることが多く、しかも手術が困難な「スキルス胃がん」の症状とも考えられるのです。



スポンサードリンク


中尾さんに疑われる「スキルス胃がん」。「胃がん」との違いは?


胃がん」は部位別死亡数で、男性では2位、女性では4位。全体では3位と『死亡数が多いがん』とされています(2016年厚生労働省人口動態統計)。


しかし、胃がんは「加齢」とともに発症率や死亡率が高くなり、若年層にはほとんど見られない種類のがんとされます。


よって、中尾さんのように「20代」で胃がんで亡くなるのは非常に稀なケースといえるのです。


これは、厚生労働省による『がん検診指針』でも、肺がんや乳がん、大腸がんなどは「40歳以上」に検診が推奨されているのに対し、胃がんは「50歳以上」と年齢が高く設定されていることからもわかります。


ただし、胃がんの中でも、やっかいな種類のがんがあるのです。しばしば若年層にも発症し、進行が早いために治療が非常に難しい。それが「スキルス胃がん」なのです。


それで中尾さんの場合も、激やせした写真を見たファンから「進行が早いのでは?」「スキルス胃がんではないか?」とネットで囁かれ、心配されていました。


「スキルス胃がん」の発症率は、胃がん全体の1割前後とされます。胃がんの多くは、がん細胞が塊を作り、一部にまとまって増殖していきます。


それに対し、スキルス胃がんの場合は、塊を作らずバラバラに広がっていく性質があり、胃の壁の中をしみこむようにがん細胞が浸潤していく恐ろしい病です。

 

しかも、胃粘膜の表面にはあまり変化が現れないため、内視鏡検査での発見が難しいのが現状。腹膜播種(腹腔内にがん細胞がばら撒かれるように飛び火する)という特徴的な転移の仕方をしていきます。


そのため、最終的に「スキルス胃がん」と診断がついた時点では、すでに『がん転移』していることが多く、がんの病期もステージ4の末期にまで進行していることが多いのです。


以上から、スキルス胃がんは切除による摘出が困難で、治療予後がきわめて悪い性質のがんとされています。


中尾さんの胃がんの種類については公表されていませんが、発症年齢からしてもスキルス胃がんであった可能性は否めないだろうとネット上では憶測が広まっています。


今後、中尾さんのように若くして胃がんで亡くなるという悲劇がなくなることを祈って止みません。


あの、漫画家・手塚治虫さんも「スキルス胃がん」だった


なお、同じ「スキルス胃がん」で亡くなった著名人としては、堀江しのぶさんが有名です。しかしあの、漫画の神様といわれた漫画家手塚治虫さんも実はスキルス胃がんだったことはあまり知られていないようです。手塚さんは、自身がスキルス胃がんであったことは知らされずにこの世を去りました。機会があれば、手塚さんのことも記事にしてみようと思っています。



≫もっと『中尾翔太さんの記事』を読む

関連記事