オウム麻原彰晃の遺骨は「海に散骨」に、“神格化”への懸念が強まる

By




スポンサードリンク


オウム真理教、松本元死刑囚の遺骨は「海に散骨」=四女側


OM (オウム真理教) ガネーシャ壁掛け - 真鍮像


オウム真理教元代表麻原彰晃こと松本智津夫元死刑囚(63)の遺骨について、発表がありました。松本元死刑囚が引き取り先に指定したとされる四女の代理人弁護士は11日、「海に散骨する」との方針を明らかにしました。


法務省は四女の意向を受け、松本元死刑囚の遺体を荼毘に付したあと、東京拘置所で保管しているといいます。



スポンサードリンク


なお、法曹関係者の話しでは、執行された死刑囚の遺体は配偶者ら親族に引き渡されるのが一般的とされます。


また、遺体のままか、火葬場で荼毘(だび)に付してから引き渡すかは、親族の意向によるそうです。


さらに、東京拘置所で死刑が執行された場合、親族に引き取りを拒否されたときは同拘置所の納骨堂がある都内の墓地に納骨されるといいます。


オウム真理教の松本元代表ら幹部7人の死刑執行から公安当局などは、後継団体などの警戒を続けています。


これまでは、教祖だった松本元死刑囚の遺体の“引き渡し先”が焦点となっていました。なぜなら、引き取り手となり得る妻(59)は、教団の後継団体Alephアレフ)」と関係があるとされており、元死刑囚の「神格化」への懸念が強まるのでは?とされたからです。


その後の報道で四女に引き渡されることが判明したものの、今回の「海に散骨」という選択は今後、どのよう影響を信者達へもたらすのでしょうか?



≫もっと『麻原彰晃の記事』を読む

関連記事


Tag
オウム真理教教祖麻原彰晃松本智津夫元死刑囚遺骨海に散骨神格化
Share

スポンサードリンク