【スキルス胃がん】漫画の神様・手塚治虫が残した最期の言葉とは?

By




スポンサードリンク


マンガの神様」や、「アニメーションの巨匠」とも謳われる漫画家手塚治虫さんは1989年2月9日、60歳で死去されました。


プロフィール:手塚治虫について:TezukaOsamu.net(JP) 手塚治虫 公式サイト


手塚さんの死因については「スキルス胃がん」だとされますが、ご存知でない方も多いのではないでしょうか?


手塚さんは1928(昭和3)年11月3日生まれで、大阪府豊能郡豊中町(豊中市)の出身。明治節(明治天皇の誕生日)に生まれたことにちなみ、「治」と名づけられたそうです。



手塚さんの漫画家となるきっかけは、大阪大学附属医学専門部に在籍中だった1946年1月、『少国民新聞』 に4コマ漫画マアチャンの日記帳」を連載したことがはじまりでした。



その後、「新寶島」がベストセラーとなり、1950年には「鉄腕アトム」「ジャングル大帝」「リボンの騎士」などのヒット作を連発しています。そうした活躍のなかで1951年、大学を卒業し、1953年には医師免許を取得しています。




1963年には日本初のTVアニメシリーズ鉄腕アトム」の自主制作をはじめ、1970年代には「ブラック・ジャック」や「三つ目がとおる」、「ブッダ」などの長編大作を立て続けに発表しました。



また、晩年には「陽だまりの樹」や「アドルフに告ぐ」などの青年漫画の快作を精力的に描き上げ、不動の名声を築き上げてきたのです。




スポンサードリンク


長年にわたり活躍を続けた手塚さんですが、健康面については特に持病もなかったといいます。


ところが、59歳を迎えた1988(昭和63)年3月のこと。手塚さんは急に胃の不調を訴え、手術を受けました。5月に退院したあとは、胃の変調を忘れたかのように仕事へ復帰した手塚さんでした。


しかし、11月に中国上海で開かれたアニメーションフェスティバルの終了後に昏倒。帰国した手塚さんはすぐさま半蔵門病院に入院していますが、その時に「スキルス胃がん」と診断されました。


しかしこのことは手塚さん本人には告げられませんでした。この当時は今の慣習とは違い、本人にがん告知はされなかったのです。


その後、闘病生活を続けた手塚さんは、医師や妻の制止も聞かずに「鉛筆をくれ!」と訴え、病院のベッドで漫画の連載を続けました。


1989(平成元)年1月25日以降は昏睡と回復を繰り返すようになり、2月9日午前10時50分に半蔵門病院で死去されました。享年60歳。


手塚プロダクション松谷孝征社長いわく、「頼むから仕事をさせてくれ」が最後の言葉になったといいます。


病床で書き続けた「グリンゴ」「ルードウィヒ・B」「ネオ・ファウスト」などの作品が、手塚さんにとって未完の遺作となりました。



ネオ・ファウスト」では主人公が胃がん。医者も家族も告知しないが、本人は胃がんであることを察知して死ぬというストーリーでした。もしかして、手塚自身も胃がんであることに気づいていたのでしょうか?


100歳まで描き続けたいと話していた手塚さんは「今ここで自分が描かなければ、誰が描くんだろう。後世に残る作品をなどと気張らず、百歳まで描きたい」と、いつも語っていたといいます。


漫画とアニメーションに、愛と風刺と告発のスピリットを吹き込んだ漫画家・手塚治虫不世出の天才でした。


この記事はnoteでも公開しています。



投げ銭もお待ちしています!(ブログ執筆のための商品購入などになります)


関連記事


Tag
スキルス胃がん漫画の神様手塚治虫漫画家最期の言葉アニメ鉄腕アトム
Share

スポンサードリンク