小林麻央さんを偲ぶ会、姉・麻耶の挨拶に会場凍りつく「ここまで言うのか…」

By




スポンサードリンク


小林麻耶 / ブリカマぶるーす(CD+DVD)


6月23日、都内ホテルのパーティー会場で、乳がんにより亡くなった「小林麻央さんを偲ぶ会」が催されました。この時の小林麻耶さんによる挨拶が、『家族への配慮が足りなかったのでは?』と話題になっているようです。


当日は、夫の市川海老蔵さん(40才)や長女の麗禾ちゃん(6才)、長男の勸玄くん(5才)、姉の小林麻耶さん(38才)のほか、テレビ局や芸能関係者など約300人が出席しました。



NEWS ZERO』(日本テレビ系)で共演していた櫻井翔さん(36才)や、『めざましどようび』(フジテレビ系)でタッグを組んだ伊藤利尋アナ(45才)、そして歌手の大塚愛さん(35才)や平原綾香さん(34才)の姿も見られたようです。


会の中盤で挨拶をはじめた小林麻耶さんは、込み上げる涙に、なかなか話し始めることができなかったといいます。


「麻央ちゃんがいなくなって、とても寂しくて、つらいです。会いたいです。一緒にお風呂に入って語り合いたいし、麻央ちゃんが作ったご飯も食べたいよ。そばにいてくれてるのわかってるけど、もっともっと麻央ちゃんを感じたいです。海老蔵さんのところばっかりに行かないで、たまには、私のところにも来てね」


「この1年、麻央ちゃんの宝物である勸玄くん、麗禾ちゃんにとても救われました。私しか知らない麻央ちゃんのこと、これからもたくさん2人に伝えていくからね」


そして麻耶さんは、こう続けたのです。


海老蔵さんと再婚と言われて、最近フラれたことになっているけどひどい



スポンサードリンク


麻耶さんの話しは終わらずに延々、後から後から言葉が続いたとされます。


「結婚するまで私たちは同じ家に住んでいました」


「初めてテレビに出た日、母になった日、結婚した日など、節目に必ず手紙の交換をしていた」


小林麻耶さんの話しには、「海老蔵さんや他のかたがいるこの場でここまで言うのか…」という雰囲気に包まれ、“海老蔵さんが知らない私の麻央ちゃん”という印象が強すぎて会場は凍るようにシーンとしていたといいます。


偲ぶ会の最後に、挨拶に立った海老蔵さんはこう話しました。


「私は麻央と共にした時間は、皆さまに比べて短かったと思ってます。改めて、このように多くのかたが麻央と共に生き、仕事をし、過ごしてくださったこと、恥ずかしながら今日知りました。私と妻との時間は皆さんより短いですが、会った瞬間にこの人と結婚するんだと思いました。女性にそのような感情を抱いたのは麻央が初めてでした」


そして、麻央さんを治療に専念させなかったことに対する後悔を語り、「麻央には到底及びませんが、お母さまやお姉さん、子供たちに、私なりに注いでいくような人生にしていきたい」と結んでいます。


会場では、目立たぬようホスト役に徹していたという海老蔵さん。果たして、どう感じていたのでしょうか?


≫もっと『小林麻央さんの記事』を読む

関連記事